Nanushka Pre-Fall 2022 Collection「Lifted Functionalism(進化した機能主義)」機能的で、直感的且つ装飾的なデザインの創造的実験

Nanushka(ナヌーシュカ)の2022年プレフォールコレクションは、機能的で、直感的且つ装飾的なデザインの創造的実験。『Lifted Functionalism(進化した機能主義)』と名付けられたこのシーズンがもたらすものは、ブランドの継続的な原理の新たな解釈であり、「機能性を追求した衣服は、定義として美しいものになり得る」ということ。今シーズンは、同系色のレイヤードに見られる創造性がポイント。上質な素材と官能的なシルエットは、伝統的な実用的要素とエレガントに融合し、レイヤリングという概念をダイナミックに追求したNanushkaのワードローブ。ポプリン、ツイル、ダブルウール、そしてサステイナブルなテックコーティングのような耐久性の高い定番の機能的な素材がスリップサテンやヴィーガンレザーのような軽量で光沢のある素材と融合し、一部リサイクルポリエステルの裏地を使用してアップデートされている。「2022プレフォールコレクションは直感と機能性の架け橋を創造しています。私たちは衣服の機能性の概念を広げ、実用性、快適性、伝統という重要な価値観を覆しながらも高めた美的スタイルを構築しているのです。『Lifted Functionalism(進化した機能主義)』では、一般的に機能的な素材やシルエットが美しく、一般的に美しい素材やシルエットが機能的であることを示しています。」とクリエイティブディレクターのサンドラ・サンダーはコメント。今シーズンは、多数のレイヤーで作られ、上品な奇抜さを表現。ウールフーディーはストレートレッグのヴィーガンレザーパンツ、ウエストで絞られたニットウェアとフリンジブランケット風スカートはボックスヴィーガンレザーオーバーシャツとそれぞれスタイリングされている。また、エコファーのバイカージャケットは手織りポプリンのテイラーリングと合わせ、スーパースリムテーラードパンツはシルクスカーフがウエストのベルトループを華やかに飾る。一見異なるデザインモチーフや文脈、文化的背景を調和させるというNanushkaの長年にわたる並置への関心を引き継ぎ、これらのシェイプやディテールは伝統的な遊牧民の着こなしを参考に、洗練された現代性で作り直されたもの。刺繍の施されたボタン、セラミックのディテール、ハンドビーズのクロスボディのベルトはシンプルでクリーンなシルエットと対照的。サステイナブルレザーのバッグとアクセサリーは、Nanushkaにとっての重要性を増し続ける。これらのアイテムはフルルック以外でも審美的な話し合いを続け、心に訴えかける装飾品となった。バッグはコレクションを通して、シックな機能性の継続的な感覚を強化。肩にすっきりと収まるアコーディオンバッグ、複雑に編み込まれバスケットのような構造に再考されたノスタルジックなバゲットスタイル、そしてパテントレザーとスエードの構造的でありながらしなやかなコンビネーションで作られたソフトピロー風のクラッチなど。「Bar Clutch(バークラッチ)」や「Gather Bucket(ギャザーバケット)」といったモダンなアイコンがマイクロサイズになり、機能的で実用的なデザインスケールにきちんと挑戦したプロポーションで展開。このミニチュアシリーズは、日々のスタイルにNanushkaの遊び心をプラス。フットウェアも成長しつづけ、尖った幾何学的なプロポーションと共に、パッド入りシルエットにも継続的な探求と焦点を当てている。この並置は、シックな機能性へのサンドラのアプローチの核であり、ここでもまた、物語を新しい世界へと広げる。シーズンを通してブラッドオレンジ、プラムチャツネ、ディープブルーといった鮮やかな色彩が使用され、Nanushkaのパレットにあるニュートラルな色調を際立たせ、ステートメントとアクセントに。手描きのプリントとパターンは、ソルトウォッシュのジャカード生地で革新的に表現され、3-D効果を生み出している。