Palm Angels SPRING SUMMER 2022 COLLECTION「Sun of a Beach」好きなものを自由にミックスして生きる自由、そんなビーチライフのエネルギーと気楽さを普段の生活に

Palm Angels(パーム・エンジェルス)2022年春夏コレクション。「パーム・エンジェルス」の名前の由来は”パームツリー”と”ロス・アンジェルス”の融合。ブランド名とロゴに使用されているパームツリーは、明るい日差し、風の吹くビーチ、そして自由を意味する。それは、カルフォルニアとは地理的な場所であると同時に、ライフスタイルの表現方法でもあるということ。自由奔放で、既成概念や計画を嫌う、まるで太陽の下での海岸生活を連想させる開放的な生き方がコンセプトとなっている。今シーズンは「Sun of a Beach」をテーマに、パーム・エンジェルスの理念を新しいスタイルで表現。フランチェスコ・ラガッツィは、着る人が自由にスタイリングできるよう、実用的な様々なアイテムを提案。シェイプは典型的なものから、クラシックなもの、そして意識的に実用性を兼ね備えたものまで、パーム・エンジェルズらしいツイストが加えられている(コート、ブレザー、ウィンドブレーカー、トラックスーツ、ショートパンツ、ボーリングシャツ、ハワイアンシャツ、ドレスなど)。ラガッツィは、現実のシチュエーションに合わせたリアルクローズに着想を得て、ボリュームを楽でリラックスなシルエットにデザイン。そしてこれまでと同様、アニマルプリントのトラックスーツ、ルレックス生地のスポーツウェア、ダークでサイケデリックなパームツリーがプリントされたシャツ、ブランケットストライプのポンチョ、アスレチックストライプが施されたブレザーなど、二つの異なるコードを一つのアイテムに融合させることで、ブランドのDNAを表現。テーラリングはゆったりと、モヘアニットは柔らかく、パッチワークは実用的な衣服に遊び心を与えている。カラーパレットはニュートラルでクラシックな中に、ピンク、イエロー、レッドなど明るくも落ち着いたトーンの色彩が散りばめられている。今シーズンはアクセサリーに力を入れ、ブランドのトレードマークとも言える不調和でシンプルな印象のスニーカー、ミュール、ブーツが登場。そしてバッグは小さくてコンパクトなものから、大きくてゆったりとしたものまで幅広く提案されている。パームツリーのマークはクロージャーやディテールとして所々使用され、靴のヒール部分にまで登場。好きなものを自由にミックスして生きる自由、そんなビーチライフのエネルギーと気楽さを普段の生活にも取り入れられるように、といった思いが込められている。