GIVENCHY SPRING SUMMER 2022 WOMEN’S & MEN'S COLLECTION クラシカル、ラディカル、実用性を融合させたシルエットは、贅沢と規律、そして伝統と現代の間に生じる緊張感を表現

GIVENCHY(ジバンシィ)2022年春夏コレクション。「私は、2022年春夏コレクションをジバンシィの歴史と伝統の上に築くと同時に、未来を見据えたものにしたいと考えました。それを実現するために、私は様々な分野でユニークな視点を持って活動している、私が尊敬する人々と協業し、アーティストのジョシュ・スミスのアイコニックな作品をコレクション全体に取り入れたり、ショー音楽の制作はすべて、ミュージシャンのヤング・サグに依頼しました。こうしたコラボレーションとコレクションは、見る人に没入感に満ちた特別な体験を提供するでしょう。」マシュー・M・ウィリアムズのジバンシィには、贅沢と実用性、豪華と質素、そして不完全な美しさと人間らしさが混在する。それらが示唆するのは、ファッション及びラグジュアリービジネスにおいて、時に忘れられがちな著しく感情的な側面。ウィリアムズは、特に今回の初めてのライブショーで、これを取り入れたいと考えた。クラシカル、ラディカル、そして実用性を融合させたシルエットは、ウィメンズ、メンズともに、贅沢と規律、そして伝統と現代の間に生じる緊張感を表現。強烈なコントラストを放つルックは、新しい素材の探求やシルエットの構築によって生み出された、今しか成し得ない、または存在しない衣服。同時に、伝統やメゾンの技術、タイムレスであることも重視し、こうした両極端の要素が互いに排他的ではないことを証明。各ルックに見られる意図的なレイヤードや配置は、時代と影響が層状に積み重なる様子を表現。伝統的な紳士服の仕立てに用いられる素材が、ウィメンズ&メンズに取り入れられている。モヘアウール、ナパレザー、コットンヘリンボーン、特にグレンチェックはネオプレンとボンデッドしフォルムを構築。これはユベール・ド・ジバンシィのアーカイブにインスパイアされたコルセットとペプラム、合わせのショートパンツやミニスカートの他、プレーンなスーツスタイルにも採用。また、クリーンにカットされたローエッジ、繊細なイギリス刺繍のトリミング、軽くフレッシュなチュールやその他透け感のある素材などが、現代的な感性をもたらす。さらに、メゾンの都会的なサヴォワ・フェールとハンドクラフトによる手織り素材の素朴さが、複雑な飾り細工や“カゴ編み”レザーワークの中で共存し、ウェアやバッグに用いられるマクラメ及びラフィアの技術と融合。アクセサリーでは、手織りとハンドクラフトの要素に加え、メットガラで初めて披露した『ケニー(Kenny)』バッグが、ウィリアムズの象徴であるハードウェアのハンドルとパドロックで装飾され登場。また、今シーズンデビューとなるバッグには、人気アイコンバッグを再解釈した『ネオ・アンティゴナ』と、特徴的な4Gファスナーを施した最新のメンズ多機能バックパックがある。フットウェアでは、ソール部分に新しい挑戦と進化が見られる。クロッグブーツはロング、ショートともに、ソール部分と一体化したTPU(熱可塑性ポリウレタン)ヒールが採用され、履き心地は抜群。またウィメンズサンダルには、クラシックかつ繊細なコントラストとして、メタリックな4Gのディテールが施された。さらにアッパーからソールまで、全体が耐摩耗性素材のニットシューズも初登場し、ここにもウィリアムズによるジバンシィならではの、心地よさ、クラフト、シルエットを追求するための様々な試みが見られる。斬新さと謙虚さが共存したような、素朴なステンシル、プリント、クラフトへの関心は、アメリカ人アーティストのジョシュ・スミスの作品にも見られる。ウィリアムズはスミスの作品を使用したデザインを実現するため、彼と密に仕事をした。それはコレクション全体において素晴らしいコラボレーションとなり、スミスの力強い色使いがジバンシィの伝統的なカラーパレットに溶け込み、コレクションに斬新で楽しい効果をもたらす一方で、死神やかぼちゃ、様々な人型トーテムといった特徴的なスミスの作品が、ジバンシィのウェアとアクセサリーの中で確固たる存在を確立。ジョシュ・スミスは今回のコラボレーションについて「マシューが私のスタジオに現れて、一緒に料理を始めました。美味しいものが出来上がりましたよ。焦がしたものもありますが、それも美味しかったです。マシューは完成した料理をパリに持ち帰り、そのすべてを頭の切れるクリエイティブなチームメンバーに共有しました。このコレクションは奇跡です。制限はありません。ご覧いただき、ありがとうございます。」とコメント。ショーの楽曲を制作したのは、ジョージア州アトランタ出身のミュージシャン、ヤング・サグ。最も影響力のある現役ラッパーの一人で、新世代のアイコンであるとともに、ウィリアムズが敬愛するアイコノクラスト(因習打破主義者)でもある。サグがジバンシィの2022年春夏コレクションのために制作したサウンドトラックには、過去の未発表曲が特別に収録されており、サグにとってこのショーは、リリースされたニューアルバム『Punk』のお披露目の場ともなった。