ROSETTA GETTY Spring/Summer 2022 Collection New Yorkの公園のカラーパレットより、ブラウンとスカイブルーの自然なカラートーンからインスピレーション

ROSETTA GETTY(ロゼッタ・ゲッティ) 2022年春夏コレクション。New Yorkの公園のカラーパレットから、ブラウンとスカイブルーの自然なカラートーンにインスピレーションを得ている。公園の中の自然な姿でもある鳥の存在する風景をプリントサテンジャガードで表現され、公園の中の建造物は、サンバーストプリーツやツイストで表現している。シーズナルなハットやサンダルは、コットン・クロシェットにて。公園の散策に最適なアイテムとなっている。New Yorkに点在する公園は、地域のコミュニティにとって信じられないほどの役割を担っている。彼らは、街に住む多くの大切の人々が時間を紡ぐ場所として、気のしれた隣人たちとの憩いの場、そしてニューヨーカーたちのほとんどが持たない裏庭のような存在でもある。公園は私たちをつなぐ。今、コミュニティの大切さを今まで以上に理解するタイミングでもある。SS22のコレクションをデザインするにあたり、1年半ぶりに、デジタルではなくNew York Fashion Weekの場に戻る事を考えながらのプロセスだった。Work from homeの孤独な環境での幾月の時間は、今まで当たり前のように接してきたコミュニティからも隔絶されるもので、普通に外に出て大きく深呼吸し、街の姿を眺めるなどアウトドアを楽しむことができた時間に大きくありがたみを覚えた。イーストリバー沿いを歩くにも、公園で距離をとって集まるにしろ、新しい日常が当たり前になった。そのような街の中で生活する人々は公園を一つの平和的で安らぎのシンボルとして、つながりを感じてきた。この上ない喜びと、快適さを常に提供してくれた”PARK(公園)”に対して敬意を示したい。作家のアイリーン・マイルズの活動で、Lower Manhattanを洪水被害から守るためにEast River Parkが取り壊されるという事を知った。Lower Manhattanの住民にとって、愛する地元の公園が消えてしまう事を悼むと共に、環境と地域社会の両方にとって良い計画を提唱している。このタイミングでEast River Parkの美しさに着目した。

■ROSETTA GETTY

https://www.rosettagetty.com/