Proenza Schouler Spring Summer 2022 Collection 今日の都会的な女性のための実用的なワードローブに、旅行などにおけるロマンティックな情景のレンズを通したコレクション

Proenza Schouler(プロエンザ スクーラー)2022年春夏コレクション。新たに見出された自由を祝うことは、どんなに壊れ易いように見えても将来に対する楽観的なビジョンがコレクションの中心に存在している。他者と関わり、世界観を広げ、そして自分自身の新しい経験としてより広く、深く、さらに遠くへという人間の本能。今日の都会的な女性のための実用的なワードローブに、旅行などにおけるロマンティックな情景のレンズを通したコレクションとして提案。テイラーリングはこのコレクションにおいても常に実用性とその強さとしてベースに存在しており、新たに加わったシャープでヴィヴィッドなカラーは、今のような情勢の中では特に勇気付けられる大切な要素でもあり、物事の新しいチャプターへの区切りとしての意味合いもある。テクニカルガーメントは、カットとプロポーションによってゴージャスに作られているが、実用的な機能を維持しながら、よりデコラティブなディテールと共にバランスを保っている。ビーズとニットのフリンジはハンドメードによるもので、透けて見えるシルククレープのダブルサイドのブロックプリントは想像力を大きく広げる。ハイクオリティなガーゼのジャージーを着た鮮やかな色のドレスのトリオは、もう一度自由に足を踏み入れることができるという姿を示している。シューズは快適さがもっとも重要であるという現実を認識し、ディアデイバッグは、手織りのラフィアやテクニカルフェイククロコダイルなど、多くの素材で表現しており、ハンドメイドのフェザー・レイは、マウイ島の伝統的なレイ・メーカーでもあるパティ・ハンナとのコラボレーション。新しい場所で誰かに心を開き、そして受け入れるというような旅の醍醐味や価値を表現している。