Acne Studios Women’s Spring-Summer 2022 Collection ハンドクラフトの歴史的な作品とハイパーフューチャーなアティチュードとの衝突。壮大さと激しいエネルギーの並置、そして遊びの可能性。

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)2022年春夏コレクション。ハンドクラフトの歴史的な作品と、ハイパーフューチャーなアティチュードとの衝突。自己同一性と本能、そして常にAcne Studiosの中心である実験についてのコレクション。「私たちは、自己同一性、本能、そして実験の時代に生きています。このルックは、挑発的でハードでありながら、手仕事に裏打ちされており、それを覆すものです」とクリエイティブ・ディレクターのジョニー・ヨハンソンは話す。シフォンとレザーの組み合わせ、格子柄とランジェリーの組み合わせ、かぎ針編みとニットの組み合わせ、手作りのコルセットの組み合わせなど、コントラストに強さを感じさせる4つのテーマで構成されており、壮大さと激しいエネルギーの並置、そして遊びの可能性がテーマ。シフォンシャツには、エッチングされたバロック調のプリントが施されており、ネックと胸元の紐で留められ、オーバーサイズの袖口から伸びている。エイジドレザーのボタンフロントのミニスカートには、鞍のストラップのようなバックルが付いており、それは鞍のストラップのよう。ハイネックの長袖ショートレザードレスは、意図的に不規則な長方形をパッチワークしたもので、アームホールから裾までのオープンシームをコルセットレースで留め、同様に、プリントされたシフォンのフルレングスのドレスは、キーホールのデコルテをタイで留めている。メッシュ素材のベースに格子柄のパネルをあしらい、ジュエリーボタンをあしらった小さなジャケットとなり、ソフトなジャージー素材のリブスカートに合わせて、フック&アイファスナーやサスペンダーなど、ランジェリーのディテールを取り入れている。透け感のあるジャージー素材のソックスは、ひざ下まで続くコルセットレースを。チェック柄のシャツをカットしたタンクトップには、リブニットのシュラフと、バロック調の模様を吹き付けてパッチワークした白いレザーパンツを合わせている。白のオフショルダージャンプスーツは、ダイヤモンドクロシェ編み。ネックラインのエレガントさと、ムチで縫い合わせたシームの意図的な不規則さが対照的。例えば、ポートレートネックのアイラッシュステッチのクロップドジャケットに、アイラッシュステッチのスカートを合わせたり、手編みの小さなベストにはかぎ針編みの花があしらわれ、手編みのバッグと呼応しているように、シルエットが覆されている。伝統的に手作りされてきたコルセットは、切り裂き、再利用し、締め付けから解放されているが、ラインの強さは残している。コルセットトップには袖が付いており、コルセットを逆さにして裏返しにしたような構造のスカートを合わせたり、逆にしたコルセットの下には、シアーなラップドレスが収まり、自由な動きを実現。オープンコルセットは、ビーズの小花をあしらったドレスにあしらい、ボディのパターンラインから四角いヒップが生み出される。ジュエリーのチェーンやネックレス、チャームは、自然に身につけているかのようで、小さなレザーの半月型バッグには、ギターのような幅広のストラップを。サングラスは未来的で、高さのある木製プラットフォームの人間工学的なラインを反映。ベネズエラ出身のアーティスト、Arca(アルカ)は今回のショーのためにオリジナル曲「SMOKEBENDING」を制作し、パフォーマンスと機会の感覚を表現。「アルカは、このコレクションのすべてを象徴しています。彼女がこのショーのために特別に音楽を作ってくれたことをとても光栄に思います」とジョニー・ヨハンソンはコメントしている。