EMILIO PUCCI SPRING SUMMER 2022 COLLECTION「海岸でのやすらぎ」エミリオ・プッチが描いた快適さやエネルギーに溢れた官能性、広い世界への好奇心を、都市へと運ぶ

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)2022年春夏コレクション「海岸でのやすらぎ」。先見の明を持ったブランドの創設者であるエミリオ・プッチは、かつてジェット機に飛び乗ってエキゾチックなデスティネーションへの旅を楽しむようなアクティブで現代的な女性のための衣服というヴィジョンを考案した。彼にとってビーチウェアは、そのヴィジョンを体現する完璧なマインドセットを持ち、女性が旅先で心を休め、やすらぎを与えるものと考えた。そして、エレガントなビーチリゾートへの旅でのドレスアップには、空の旅に適した着心地の良さや、官能的な魅力、アスレチックな要素が含まれる。当時、解放運動の最前線にいたエミリオ・プッチは、比類のない洗練されたセンスによる作品を制作しながら、彼自身もアスリートであり、身体を開放することを愛し、アクティブかつ柔軟に人生を謳歌した。ブランドの本質や価値観と対話を重ねながら、その感性を現代に繋ぐデザインチームによる2022年春夏コレクションは、エミリオ・プッチが描いた快適さやエネルギーに溢れた官能性、広い世界への好奇心を、都市へと運ぶ。これまで同様、コレクションは遊び心に溢れ、自分の直感や意思に従って自由自在に組み合わせができるようなピースによって構成。タバードトップス、アシンメトリーなチュニック、ミニドレス、ミニスカートやショートパンツ、バンドゥートップス、ホルターネックドレス、パジャマスーツ、パンツに合わせたチュニックなどのラインナップを特徴づけるのは、活気に満ちたピュアなデザイン。シルクスカーフをトップスやスカート、ショーツに折り込んだデザインは、幾何学的なカットをもたらし、曲線ではなく直線がボディを沿い、肌をのぞかせる。シルエットはダイナミックで、白、ジェラーニオ、グリーン、オレンジ、ターコイズ、チョコラータのカラーと、Nairobi、Tartuca、Africana、Cypreaのプリントが呼応し、コレクションを彩る。同じモチーフのコーネリー刺繍がドレス、トップス、スカートにあしらわれ、渦を巻き、伝統的なプッチプリントをフラットなものから立体的なプリントへと昇華。素足を飾るサンダルには、ひらひらとフェザーが揺れ、軽やかなステップを演出する。エミリオ・プッチのリゾートへのヴィジョンが体現された、日常にビーチのインスピレーションをもたらすコレクション。

■EMILIO PUCCI

https://www.emiliopucci.com/jp