MOSCHINO SPRING/SUMMER 2022 COLLECTION「LADIES WHO LUNCH」懐かしさと新しさが共存するエレガントなファッションの草原へと導く

MOSCHINO(モスキーノ)2022年春夏コレクション「LADIES WHO LUNCH」。クリエイティブ ディレクターのジェレミー・スコットは、2022年春夏コレクションで私たちを控えめで気取らないファンタジーの世界へと誘う。ブランドの創業者であるフランコ・モスキーノがデザインしたクラシックなスーツやその他のアイテムを再構築したジェレミー・スコットは、イマジネーションを駆使し、懐かしさと新しさが共存するエレガントなファッションの草原へと導く。イラスト化されたアニマルプリントは、デザイナーの仕立ての子守歌を強調するよう。主なキャラクターは、凧あげをするクマ、花冠をかぶったプードル、ストライプのビーチボールでバランスをとるハッピーなアザラシ、花でいっぱいのトロッコを引くキリンです。虎、綿菓子色の蝶、小さなデイジーを持ったスカンクなど、動物の形をしたスカラップエッジやキャラクターのボタンが空想の世界を彩る。「Mary Had a Little Lamb(メリーさんの羊)」のバッグや積み木のクラッチバッグもある。「甘い夢はこれらで作られている 」とジェレミーは話している。ファンタジーは、控えめでクラシックなシルエットの中で遊び心を発揮する。スカートとジャケットの組み合わせ(Uネックの襟を広げたものや、留め具を外して下にビスチェのブラを見せたものなど)、ベイビードールコート、ニットのドレスやセパレートなどが春のキーシルエット。1990年代のフラン・ドレッシャー主演の「The Nanny」を彷彿させる、させさりげなくコケティッシュなスタイリングを完成させ、そして白昼夢を覆す。コレクションの最後を飾るのは、刺繍で描かれた動物園。最初のドレスは、ピンクのマラブーのたてがみをつけた3Dのポニーが肩から、次のドレスは、首に猿の赤ちゃんがしがみついているキリンがデコルテから飛び出している。その次のドレスは、うさぎの耳が胸元を覆っており、春の甘さと皮肉を含んだアンサンブルがフィナーレを飾る。ランチをする女性たちが素晴らしいのは間違いないが、もしかしたら彼女たちはバラ色(もしくはベイビーピンク)のメガネで世界を見ているかもしれない。