DESIGNERS, REMIX 2022 SPRING/SUMMER COLLECTION アップサイクリング20周年を祝って春夏キーアイテムと共にコペンハーゲンの中心でハンドメイドされた個性的な"リ・メイドコレクション"を発表

DESIGNERS, REMIX(デザイナーズ リミックス)2022年春夏コレクションは、再びブランドのルーツに飛び込む。アップサイクリング20周年を祝ってコペンハーゲン ファッション ウィークにて、春夏コレクションのキーアイテムと共にコペンハーゲンの中心でハンドメイドされた個性的なアップサイクルコレクション”リ・メイドコレクション”を発表。2022年春夏コレクションと併せて構成された作品は、個性的にリメイクされたコレクションと並べて披露。リ・メイドのコンセプトは、中古品のオーダーメイドで循環するサブライン。更に前シーズンのスタイルのライフタイムを延ばすデッドストックの衣類だ。ブランドはこの責任ある考え方に基づいて、2002年に設立された。このビジョンはDESIGNERS, REMIXにとって未経験なことではない。Charlotte Eskildsenは、さまざまな種類の売れ残った服を再利用し、形を変えた。そして、ブランドとヴィンテージアイテムをミックス。これがDESIGNERS, REMIXの基礎で、make fashion betterが使命。2022年春夏のキーアイテムは、私たちの長い人生、Covid中に経験したことがインスパイアされ、表現されている。「今シーズンのスタジオで、皆がいつもの日常に戻ることを切望していると、私は心から感じました。ロックダウン中に、ホックニーの最新デジタル作品に出会いました。All the colours-文字通り全ての色を意味しています-なんというインスピレーションでしょう。私たちはあらゆる面で人生に取り組みました。そしてフルカラースペクトルに飛び込みました。ミニマルでありながらセクシーな方法で色を使用しています。マスキュリンとフェミニンのバランスはヴィヴィットカラーのマスキュリンスタイルの選択で成り立ちます。セクシーさとニューミニマリズムを備えた90年代を祝う、セックス・アンド・ザ・シティのアティチュードは女性のエンパワーメントです。」とCharlotte Eskildsenはコメント。リ・メイドコレクションは、www.designersremix.comでのみ販売されている。