JIL SANDER RESORT 2022 COLLECTION 個性。柔らかな手触り、手仕事、ピュアな彫刻のようなフォルム。遊び心のある、幾何学的でフェミニンなコレクション

JIL SANDER(ジル サンダー)2022年リゾートコレクション。個性。柔らかな手触り、手仕事、ピュアな彫刻のようなフォルム。遊び心のある、幾何学的でフェミニンなコレクション。軽やかで、実験的で、多様性に富んでいる。ルーシー&ルーク・メイヤーによる「相反するもののバランス」というアプローチに新たな角度が加わった。フリルやスタッズ、ピンタックが施された縫い目は重要なディテール。これらはウールで仕立てられたテーラードジャケットやベルト付き薄手のコットンドレスのスリーブ、グラフィカルなスカートやボリュームのあるパンツスカートの裾に施される。多色の絵の具で描かれた様に染色されたドレスの肩にはタッセルが。きっちりとした長方形のハンドバッグにはフェザーが、サンダルには結び目のあるフリンジが飾られている。不規則な形をした、色とりどりの水晶で彩られたヒールのブーツ。そして、バブルニット。シンプルな構造でありながら、カットや生地の微調整でボリューム感を出している。さまざまなシルエットがあるが、いずれも明快さと快適さを示唆。トラペーズドレスやラウンドケープ、固体状のデザイン構成、色や装飾の使い方は、オスカー・シュレンマーを彷彿とさせる。美しい服をデザインすることも、おしゃれをすることも、楽しいこと。アートは必要不可欠。フォルムと機能性は共存できる。美意識に浸りながらも、日常生活を送り物事を行うことはできるのだから。ここでのフェミニンとは、軽快さ、自信、強さを意味している。装飾(繰り返し出てくるテーマは木の葉:自然)やテクスチャー、フォルムの誇張には遊び心があり、一連のドレスやコートのシャープな仕立てと対をなしている。モコモコしたグリーンのモヘアコート、大きな袖のイエローのネットドレス、マルーン色のワイドボトムスを合わせた厳格な印象のクリーム色のプリーツドレス、大振りの花びらのような襟の白いドレス、マスキュリンなジャケットの下に着たカシミアのニットブラ、誇張されたニットのアンサンブル、幾何学的で先の尖ったロングパンツなど。ショルダーバッグ、クラッチバッグ、ポーチは、適当な、もしくは誇張されたサイズで展開。タッセルやフェザーなどの装飾が施されたものも。アウトソールを膨らませた、弾力のある素材でつくられたレザーシューズは、洋服とのバランスをとりながら、シルエットをしっかりと、そして軽やかに支える。有機的な形をしたジュエルやバックル、そして包み込むような帽子は、コントラストとフォルムを強調する上で重要な役割を果たしている。とても豊かなカラーパレット。白、クリーム、ベージュ、ライトグリーン、グレー、ライラック、イエロー、ピンク、シアン、セージ、マルーン、ブラックなどの縦横のストライプと、黒白の気まぐれなプリントで構成。すべてがさらなる高みに押し上げられる。この解釈と実現において、折衷主義はビジョンであり価値でもある。