EMILIO PUCCI RESORT 2022 COLLECTION「空の上で」喜びに満ち、開放感溢れる60年代のスピリットをインスピレーションに、旅というテーマを探求

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)2022年リゾートコレクション「空の上で」。ジェットセットや空の旅、エネルギーを含んだスピード感は、エミリオ・プッチのマインドセットの一部。想像力に富んだ創設者のエミリオ・プッチは、世界中の出来事に強い興味を持ち、自由で旅を好んだ飛行士でもあった。彼は60年代には、ブラニフ航空の制服をデザイン。忘れられない旅行にふさわしい、新鮮でありながらシックで、ショート丈のシャープなシルエットのワードローブは、当時センセーションを巻き起こした。ブランドの本質的な魅力への回帰を図るデザインチームによる、2022年リゾートコレクション。喜びに満ち、開放感溢れる60年代のスピリットをインスピレーションに、旅というテーマを探求した。そこには、人々がリゾートに求める、安らぎや楽しさ、健康的でグラマーな雰囲気が体現されている。これまでと同様、キーとなるのはモジュール性。このコレクションは、無数の方法でスタイリングすることが出来る、着やすく合理化されたアイテムで構成されている。ダブルフェイスのコートやダウンジャケットに、シフトドレスやボディスーツ、シャツやスイムウェアをスタイリングするなど、季節感の異なるアイテムでさえもミックスすることが可能。脚を露出させるショート丈のシルエットはダイナミズムを感じさせ、全体にスパンコールがあしらわれたミニドレスやトップス、スカートはコレクションに贅沢な輝きを与えている。パーカや襟にリボンをあしらったアノラック、プリーツドレス、厚手のコットンシャツ、ブラトップとミニスカート、シフトドレスやショートパンツが、遊び心のあるモジュールを構成。カラーパレットを彩るオリーブグリーン、ラベンダー、オレンジ、アクアグリーン、クリームは、それぞれの色のミックスや、明るい色彩のカラーブロックで用いられている。アーカイブモチーフを再解釈したOnde, Farfalle, Itinerari, Bandierine, Esperidi, Astrolabioのプリントは同系色で構成され、眩暈を感じさせるようなヒプノティックな雰囲気とエアリーな軽やかさをまとう。ランジェリーやボリュームのあるトラベルバッグ、スカーフバッグやスモールレザーグッズにもプリントがあしらわれている。シルバーのローヒールブーティーとスリングバックローファーは、60年代のモダニズムの雰囲気をさらに高める。サステナビリティの追求は今シーズンも続く。ダウンジャケットの表地にはエコタフタ、そして中綿にはリサイクルダウンフェザーを使用。ストレッチ素材のアイテムには、全てサステナブルジャージーを使用している。プッチの持つ本質的な輝きを蘇らせることにより、若々しく軽やかな精神が感じられるコレクションとなっている。

■EMILIO PUCCI

https://www.emiliopucci.com/jp