SAINT LAURENT WOMEN'S WINTER 2021 COLLECTION「WHERE THE SILVER WIND BLOWS」対極の狭間で揺れる瞬間の美しさ

SAINT LAURENT(サンローラン)2021年秋冬ウィメンズコレクション「WHERE THE SILVER WIND BLOWS」。荘厳な自然の中で発表した今シーズン、クリエイティブ・ディレクター アンソニー・ヴァカレロはサンローランのブルジョアコードを再解釈した。対極の狭間で揺れる瞬間の美しさ。ブランドのシグネチャーカラーであるブラックをベースに思い描いた鮮烈なカラーパレット。メタリックなピースには、60年代から着想を得たファーのヘムをあしらったツイードスーツをあわせエフォートレスなムードを表現。90年代のミュージシャン〈Peaches〉のワードローブの煌びやかな不完全さを取り入れることでチープとラグジュアリーの境界線が滲んでいく。シャープなメタリックカラーのボディスーツは、ゆらゆらと光る宝石のようなジュエリーによって一段と輝きコレクションの軽やかさは壮大な自然の重厚感や先入観を覆す。不必要さとは、過去を呼び起こすために必要な要素となる。「深刻な問題と立ち向かうことによって、他のことを軽く受け止めることが出来る。境界線でバランスを見つけることは洗練された才能だ。」とアンソニー・ヴァカレロはコメントしている。