JIL SANDER FALL/WINTER 2021 WOMEN'S COLLECTION 大胆不敵。個性、自由、変化への頌歌。

JIL SANDER(ジル サンダー)2021年秋冬コレクション。大胆不敵。今シーズンは、個性、自由、変化への頌歌。自身を振り返ることとその親密な感覚、例えそれが強制的状況だとしても、他の人と共に過ごす時間への願望を映し出している。多重的で多面的、多様化する欲求と快楽の間で揺れ動くこと、自分が感じる全てのものになりたいと願うこと、様々な側面を持つ自己の存在をゆるすことは、強烈な経験であり、啓発的であり、最終的には己に力を与えてくれるもの。変わる為には前向きさが必要。装飾、プリント、パターン、色は、力強くその存在感を誇示する。カラーパレットは、ナチュラルで冬には珍しい明るさ。バター、クリーム、パウダー、モーヴ、ライラック、ラズベリー、カルダモン、バーントシェンナ、ブラック、様々な色合いのイエローとブルー。私たちは多面性のある存在であり、様々な側面を持っていることを受け入れ表現したいと願う。コンパクトウールやレザーを使用したジャケットやコートの仕立ては、ストレートカット、もしくはくびれを描いたラインがソフトで膨らみのあるボリューム感を演出。これらのシルエットは非常に洗練されたフィル・クーペ(意図的な不完全性はハンドメイドの痕跡)やプリッセシルクでつくられたドレスやシャツを引き立てる。大胆なジュエリーと、様々な大きさと形の天然真珠で作られた胸飾り。これらは対照的な触覚や動き、シルエットのアイテムとレイヤードされ着用。意外性のある要素を組み合わせたレイヤードとそのバランスは、ランジェリーにインスパイアされたレースのドレス、Aラインのスカートに合わせたニットのボディスーツ、ボリュームのあるドレスやフィット感のあるドレスに宿る。それは全て、しなやかなナッパレザーのブーツ、箱型状のハンドバッグ、または、ひとつはフラット、もうひとつはアコーディオン状に折りたたまれたサイドデザインと仕様が異なる2種類の長方形のトートバッグに合わせられる。無駄の無い構造で仕立てられたシャツドレスは、長くてたっぷりとしたプリーツスカートへと繋がる。テーラードジャケットのラペル部分にはレースの襟が重なる。異素材をミックスした構築的なドレスのウエスト部分は、ニット素材で切り替え。対極的なプリントと柄も特徴的な要素。花柄やカラフルな色使いが柔らかなシルクのパンツやシャツを飾る一方で、復活の象徴である白と黒の蝶のモチーフが大きく描かれる。またはバウハウスの幾何学柄、もしくは織りや編みの技術によって生み出された立体感が視覚的な効果を演出。このコレクションを通して、ルーシー&ルーク・メイヤーは、服で遊ぶこと、服を組み替えることの楽しさを伝えている。それは気軽で楽しい行為でありながら、同時に深い意味を持つ。彼らのジル サンダーでのすべての作品と同様に、視覚と同様に触覚を重要視。それを実現するためには、職人技と素材や技術の選択に細心の注意が必要。例えば、手作業でエナメル加工が施されたチェーンネックレス。上質なレザーグローブに施されたシャーリング。靴やドレスからランジェリーに見られる編み方によって形成されたディテール。足元を主張するのは存在感のあるサイハイブーツで、ブラック、ホワイト、クリーム、ベジタブルタンニングのナッパレザー、グレー、そしてメタリック仕上げのシルバーとコッパ―で展開される。一部のブーツには手作業でメタルのセッティングにはめられた大きなクリスタルを装飾。ヒールは大胆で彫刻的。サンダルのアッパー部分は、細いストラップ、または丸くて膨らんだストラップが覆い、キャンディーカラーで彩られた球根状のプレキシ型のヒールが特徴的。ポインテッドトゥで、甲の部分を飾るチャンキーなチェーンのディテールはイブニングシーンを演出する。