LONGCHAMP Fall/Winter 2021 Collection「très paris(トレ パリ)」メゾンを象徴する競走馬と、20世紀後半のパリのアパルトマンに大きな変化をもたらした”ピエール・ポーラン”の作品群にインスピレーション

LONGCHAMP(ロンシャン)2021年秋冬コレクション「très paris(トレ パリ)」。メゾン初となるデジタル形式でパリ・ファッションウィーク期間中に発表。クリエイティブ・ディレクターのソフィ・ドゥラフォンテーヌは、メゾンを象徴する存在でロゴにもあしらわれている競走馬と、その先見性で20世紀後半のパリのアパルトマンに大きな変化をもたらしたフランス人インテリアデザイナーPierre Paulin(ピエール・ポーラン)の作品群にインスピレーションを得ている。トゥレンヌ・シュヴァレローがデザインした、駆け抜ける競走馬を描写したブランドロゴ”ロンシャン・ホース”は、メゾンの力強さと暮らしの美学を意味する”art de vivre(アール・ド・ヴィーヴル)”を長きにわたり表現してきた。この乗馬の世界観は、今回のファッションショーを撮影したロケーションにも表れている。撮影が行われたバテスティ馬術場は、パリに位置する屋内馬場であり、エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルがその堂々としたガラスと鉄製の屋根を誂えている。もう一つのインスピレーション源であるピエール・ポーランはコレクションのシルエットに大きな影響を与えており、ソフィ・ドゥラフォンテーヌは「ポーランの輪郭、機能性、色彩、素材に対する革新的なアプローチがロンシャンの創造的なスピリットと共鳴する」と話している。ポーランのソファが描く曲線のような、包みこむ官能的な雰囲気を纏う一方、キルティングやレイヤリングも人々の目を惹きつけるテーマとなっている。ショーのオープニングを飾ったミカ・アルガナラスの装いは、黒のサファリジャケットに赤のスキニーなリブセーター、白のショートパンツ。足元はロンシャン・ホースが描かれた黒のレインブーツから赤のロングソックスを少しだけ見せて。見る者を一瞬で乗馬に誘う世界観とパリの雰囲気が融合したカラーパレットやスタイリングがショー全体を通じて幾度も登場。このスポーティーなムードとバランスを取るのが、しなやかなミディドレスやクロップドパンツ。ヒールのあるニーハイブーツと合わせることでごくフェミニンな雰囲気をにじませ、ロンシャンが描くパリジェンヌの多様な面を表現している。今回の秋冬コレクションにアクセントを添えるitアクセサリーは、「LONGCHAMP」の9つのアルファベットでデザインされたモノグラムが躍るLGPジャガードキャンバス地のバケットハット。ロンシャンを愛するパリジェンヌがもつわんぱくなエネルギーと謎めいた魅力を兼ね備えている。コレクション全体に満ちる温かく包みこむような雰囲気は、今シーズンの主役である「ブリオッシュ」と「ル プリアージュ®」コレクションにも行き渡っている。パリジェンヌが愛してやまないペストリーのように柔らかい「ブリオッシュ」は、デニムやフェイクシアリングといった素材やポップなカラーを採用する一方で、ポーランのソファが描くしなやかな曲線を思わせる波模様のキルティング加工が施されたデザインも登場。アイコニックな「ル プリアージュ® キュイール」はラムスキンを用い、パッド入りのキルティングで再解釈され、クラシックなシェイプはそのままに、抱きかかえるのにちょうど良いドローストリングバックとして登場。他にもメゾンを象徴する「ロゾ」コレクションからはヴィンテージな雰囲気が漂うトグルとチェーンをあしらったモデル、そしてメゾンのヘリテージである「ル フローネ」コレクションからはグレインレザーを使用したシックな印象のスクエアバッグが登場し、モデルの肩に軽やかにかかっている。