GIORGIO ARMANI Fall/Winter 2021-22 Collection レディースのテーマはNocturnal「夜行性」、メンズのテーマは「Passage」-それぞれの道-

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)2021年秋冬レディースコレクションのテーマはNocturnal「夜行性」。ジョルジオ アルマーニのスタイルは、直線的な感覚、繊細さを保ちつつ「フェミニニティー」と「個性」を際立たせながら、永遠に進化し続けていく。今シーズンのコレクションでは、穏やかでロマンチックなタッチが目立つ。カラーパレットとしては、流れる水のような色調、ターコイズの輝きをまとうグリーン、ペールトーンのパープルや、柔らかなピンクといった様々なカラーが、ブラックカラーがメインとなるコレクション全体の中に象徴的に用いられている。ダーツを入れて全体をふわっととしたシルエットに仕上げたシャツ、ウエストが美しくシェイプされたロングコート、水を感じさせるプリントが施されたドレスなどが登場。いずれのルックも、美しい縦のラインが目立ち、流れるようで包み込むようなシルエット。ウェストラインを強調するラグランスリーブのジャケットやコート、着丈の長いブレザー、ボリューム感のある着心地のよいブルゾン、ふわっと舞い上がる翼のような膨らみをもったフォルムのパンツが新たに登場している。ロングドレスはビジューが施されたものが多く、純粋で美しい輝きを放つ。フラットシューズとバッグは、シンプルで幾何学的なデザインで統一。コレクション全体を通して「夜」を感じさせる雰囲気を漂わせるが、それは決して闇夜という意味での夜だけではない。ベルベットの滑らかな輝き、クリスタルとアストラルな花序が彩る象徴的なモチーフで表現されたプリントは、まるで「白昼」を思い起こさせるよう。男性らしさと女性らしさのコントラストは、夜と昼の対話のようなもので、黒と青が混ざり合う様子やビジューが放つまばゆい輝き、ビジュートップスの上にまるでタイをしているようにも見えるベルベットのボウによって、絶妙に表現されている。