EMPORIO ARMANI F/W 2021-22 COLLECTION「In a pop mood -ポップな気分で-」ブランドの本質でもある"洗練されたシェイプとリラックスエレガンスの融合"をキーワードに快活で都会的なスタイルをウィットに表現

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)2021-22秋冬コレクション「In a pop mood -ポップな気分で-」今シーズンは、アルマーニの本質でもある「洗練されたシェイプとリラックスエレガンスの融合」というキーワードが、快活で都会的なスタイル、ウィットに富んだタッチで表現されている。アルマーニの数多くのボキャブラリーの中からピックアップしたムードは「80年代」。バランスやカラーリングから、非常に自然体でありながら、且つ、はっきりと力強く、コレクション全体から80年代ムードを感じさせる。コレクション全体を通して多く見られたビビッドなカラーリングのアイテムや意外性のあるアクセサリーなど、メンズとレディスのコレクションは共通点を持つことで互いに呼応し、対話を続けている。メンズアイテムとレディスアイテムの雰囲気はまったく同じ。レディスコレクションでは、ハイウエストでまとめられた、細身でフェミニンなシルエット。ニットのマットな素材感とベルベットの光沢感との見事な対比。ソフトな仕立てのブレザーには存在感のあるボタンをプラスし意外性をプラス。また、アスレチックウェアを彷彿とさせるドローストリングス付きのクロップドジャケットも登場している。グラフィックプリントや刺繍が施されたアイテムの数々。ジャンプスーツやエポレットデザインといったミリタリーテイストを感じさせるエッセンスは、通常はその雰囲気とはマッチしがたい華やかな光の中で、より輝きを増す。 ショーの中盤以降には意外性のあるパッチワークプリントが施されたベルベットドレスが登場。その後はブラックのカラーリングがメインとなる世界観へとショーは続いていく。そこでは、ブラックをベースに紫やビビッドピンクといった刺激のあるカラーリングが80年代ムードを盛り上げる。小物では、ローヒールのシューズ、サイハイブーツ、ミニハンドバッグがコレクションのキーとして登場。メンズコレクションは、これまでにないシェイプ、新しい機能により柔らかさを追求。シルエットは流れるようになだらかで、脱構築的。ドロップショルダーでワイドなシルエットのジャケットはライニングをヘアリーな素材で仕上げることでコートの代用品として登場する。また、ニット素材やフェイクファー素材で作られたコートはガウンのようなリラックスしたシルエットで登場。動きやすさを考慮したデザインも今回のコレクションでの重要な要素。ダブルに裾上げされたパンツは、ハイウェストデザインで深いダーツを入れ、ディナージャケットに似たノーカラージャケットは、そのソフトさでまるで洗練されたパジャマのようにリラックス感を漂わせる。また、アスレチックスタイルを再解釈したアイテムも登場。シープスキン、またはヘリンボーン柄で仕上げたウール素材のプルオーバーとアノラックアウター。ニットとシープスキンのパッチワークで珍しいカモフラージュパターンを配したブルゾン。タイドアップスタイルで登場したテーラードスーツは、デニムエフェクト生地で仕上げられている。ショーの後半は、レディスと同様、ブラックがメインカラーに。シックでありながらベルベットの輝きで華やかさも持ち合わせている。シューズはショートブーツが主流。バッグは折り畳み可能なデザインでビッグサイズのものが特徴的に登場している。