Acne Studios Men’s Fall-Winter 2021 Collection 核にある、飽くなき実験と革新の精神を反映した、ブランドを象徴する多様なビジュアル要素を通してコレクションを構築

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)2021年秋冬メンズコレクションは、核にある、飽くなき実験と革新の精神を反映した、ブランドを象徴する多様なビジュアル要素を通してコレクションを構築。フォーマルにもカジュアルにも着ることのできるアイテムを提案する。「今シーズンのコレクションでは、若い頃に夢見たミュージシャンとしての生き方とその装い、すなわちグラマラスなテーラードと、スポーティーでカジュアルなリラックスシルエットを融合させました。ユーモラスかつセクシー、それでいて軽快な、ミニマルかつファンクショナルなコレクションです。」とクリエイティヴ・ディレクターJonny Johansson(ジョニー・ヨハンソン)はコメント。今シーズンは、アクネ ストゥディオズのデザインの未来の礎となるような、パターン、シルエット、アーキタイプがコレクションを通して探求される。キーアイテムであるスーツは、アイテムごとに異なる印象を放つ。オーバーサイズのスーツには、まるでタイヤ痕のように、ブランドロゴが所狭しとプリントされた。ライトウェイトのテクニカルウールを使い、パールのボタンをあしらったリラックスシルエットのダブルブレストジャケットはトラッドな印象。デニムのパッチワークをだまし絵のようにプリントしたリップストップナイロンのスーツは、プレイフルな印象に。また、テーラーリング用のファブリックは、あえてカジュアルなアイテムに使用された。ウールフラネルを使ったピンストライプのファブリックは、オーバーサイズのオーバーオールやワイドパンツに。アーティストのRobbie Barratがルネサンス彫刻の古い写真をカットアウトして制作したプリント柄は、オーバーサイズのモヘアジャケットやテーラードパンツに使用。シャープな印象を与えるベストは、切りっぱなしのウールとボンディングされたレザーと、ベルベットのようなコーデュロイの2つの異なる素材から制作。また、ワークウェアには、見たことのないような新しい素材の提案がなされた。ジャケットにはタフタ、オーバーオールには滑らかなサテン、ロングスリーブトップスにはシワ加工を施したベルベット、リラックスパンツにはタイダイ染めしたベルベットが用いられ、タイダイの大胆な色使いは、チャンキーなドネガルウールのセーターにも引き継がれる。セーターには、カラフルなモヘアを使った、ポルカドット模様があしらわれ、オーガニックのコットンジャージーにパディングを施したスカーフは、コールドダイの手法で染めた後にロゴがスタンプ刻印された。足元には、起毛したスエードを使ったチャンキーなクレープソールのアンクルブーツ、ウッドヒールのポインテッドトゥのブーツ、ペイントを施したようなレザーのレースアップを合わせて。ウールやロゴプリントのグローブとミトンを合わせればルックは完成。アクネ ストゥディオズは、この遊び心に溢れたコレクションを通して、クリエイティビティの無限の可能性と、新しい装いへの挑戦を奨励する。

■Acne Studios

www.acnestudios.com