3.1 Phillip Lim 0.4 Collection 現代の日常に欠かせない女性のワードローブの継続するストーリー。モダンさにツイストを加え、70年代のロックンロールから着想を得た素材やディテールから伝わる時代の活気。

「私たちが勝利する時、得たものに感謝をし、何を取り残せるかが明確になる。」-フィリップ・リム。3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップ リム)のFall 2021《0.4 Collection》は、現代の日常に欠かせない女性のワードローブの継続するストーリーを描く。「グラマー」をキーワードに、機能性や質感などエッセンシャルなアイテムを提案。ワードローブの必需品にある新たな可能性へ挑戦する。モダンさにツイストを加え、70年代のロックンロールから着想を得た素材やディテールから伝わる時代の活気。コーデュロイのスウェードやフローラルレース、スパンコールを加えたエンブロイダリーシフォンはノスタルジックなディテール。フェミニンで多様性の効くシルエットは、遊び心溢れる秋の空想とともにコレクションに組み込まれる。プリントは、ヴィンテージのテキスタイルから発見したハンティングプリントをリメイクした、馬と猟犬による遊び心あるプリントを採用。パネル付きのプリーツスカートは繊細なツイルを使用し、調節可能な襟付きのモダンなシャツドレスに新しいヴィンテージのシルエットを実現。アウターウェアでは実用性を重要視し、タイムレスな機能性やスポーティな快適さを加えた〈3 in 1 Hunting Jacket〉はクラシックなパーカーにパディングのライナー付き。50年代のクチュールのような手刺繍はカーコートに質感を加えている。テクニカルコットンファイユ素材はカラーコントラストを加えた袖、そしてセットアップのパンツにもスポーティなカットを加える。継続して進化をとげるスーツは、ツイルを使ったリラックスしたシルエットをチェックと一色の2種類を用意。コントラストを効かせたトップステッチにスリットのディテール、そしてカジュアルなポケットがモダンな風合いのあるエフォートレスなスーチングに仕上げている。フェミニンでありながら機能性を加え、コンフォートとデザイン性を兼ね備えた新しいニットウェアの可能性を探求。高尚なリブ編みのメンズスタイルのカーディガンは、繊細なレースの袖のディテールとスリットを備えたネックウォーマーでバランスを取り、シームレスで心地さを加えている。スカイブルーとチェック柄の軽やかなアルパカレースニット。オープンバックのディテールとリボンを結ぶディテールを加え、チャンキーなニットにモダンさを加える。フィット感のあるリブニットは進化をとげ、マリーゴールドのドレスにフェミニンさと機能性を加え、オープンバッグとネクタイのディテールや取外し可能なボタンのデザインにより、レイヤリングスタイルを自由自在に可能にした様々なニットのバリエーションを揃える。ブランドとして、サステイナブルバランスを掲げ、長年着ることのできるワードローブを毎シーズン目指している。今シーズンは、軽やかなビーガンレザーを使用し、遊び心を加えたカットアウトのホルターネックや、グラデーションになっているサンバーストプリーツやプリーツ加工を加えたキュロットを温かみのあるオリーブやオフホワイトで展開。0.4 Collectionでは、その他にもリサイクルウール、ケミカルフリーのポリエステルを使用し、日常で着られる実用的なワイドウェールコーデュロイはBCIサスティナブルコットンを採用している。アクセサリーは、ノスタルジックな質感やシルエットから遊びをアイコンバッグにも、新しいスタイルのバッグにも加える。「Accidental Messenger(偶然から生まれたメッセンジャー)」バッグはオーバーサイズにグレーズ仕上げしたスムースレザーにフェミニンなフロントポケット、ショルダーストラップにはノットを。アップデートを加えた「Croissant(クロワッサン)」ミニバッグも同じくグレーズ仕上げしたカーフレザーを使用。コレクションのテーマとリンクするノスタルジーをアイコンバッグの「Pashli(パシュリ)」や「Alix(アリックス)」にコーデュロイスウェードを使用して表現。スクエアトゥが特徴の「Tess(テス)」ブーツにも同じコーデュロイスウェードを使用。ラグソールが特徴の「Kate(ケイト)」ブーツはレースアップに加え、ダークオリーブとダークタンのショートアンクルブーツが仲間入り。新たに登場した「Brigitte(ブリジット)」アンクルラップサンダルは、フェミニンなサテンとソフトナパレザーで彩っている。

■3.1 Phillip Lim

31philliplim.com