AMBUSH® AUTUMN / WINTER 2021 MEN'S + WOMEN'S COLLECTION「AMBUSH®メゾンの基礎を築く」人々がワードローブで何を求め、何を必要としているかを反映‒それは快適さの根本にある考え方

AMBUSH®(アンブッシュ®)2021秋冬メンズ&レディースコレクション「AMBUSH®メゾンの基礎を築く」。今シーズン、AMBUSH®は昨シーズンに始めた旅を続け、新しいブランドの基礎を築く。再構築された新作は、2021年、人々がワードローブで何を求め、何を必要としているかを反映‒それは快適さの根本にある考え方。今シーズンは2021春夏のテーマをさらに発展させ、自宅でくつろいでいるときでもグラマラスな気分を味わえたり、アウトドアやハイテク、あるいは未来的で都会的な世界観を楽しめるデザインを追求した。デザイナーのYOONは、自宅で過ごす時の快適さを求めつつも、ファッションは自分のアイデンティティを保つための手段だとも考えている。最新コレクションは、着る人を圧倒するような服ではなく、むしろ着る人を力づけ、自然な魅力を与えてくれるものであるべきだというデザイナーの信念に基づいて、形になった。快適性と現実逃避が融合する場所。こうして、このコレクションを構成する、ゆったりしていながらも構築的なテイラーリングにたどり着いた。アシッドピンク、イエローとグリーン、あるいはダスキーブラウンとマルーンなどの色を散りばめたモノクローム。YOONは私たちの新しい日常からヒントを得ている。スーツジャケットやレザーコートは80年代風のボクシーなシェイプで着心地がよく、ウエストで絞ってエレガントでノスタルジックなシルエットに。丸みを帯びたブーツやスクエアヒールと組み合わせて、モダンで縦⻑なプロポーションを演出。レザーを使ったクリーム色のチャンキーニット、シャーリングを施したリブ編みジャージー、チェーンリンクストラップつきのシンプルなブラックドレスなど、異なるファブリックの組み合わせは、思いがけない快適さを物語る。ウォッシュ加工を施した日本製のデニム、しなやかなレザー、そしてコートのラバーコーティングなど、随所に使われる素材にはくつろいだ雰囲気が漂う。AMBUSH®は、自分が気持ちいいと思うものを着てきたYOONの実体験から必然的にユニセックスになり、常にそうあり続けている。アウターには穏やかな重みがあり、身体から少し距離を保ちつつ守ってくれる。ダウンジャケットと合わせて着ると、実験的なプロポーションでありつつも快適で暖かい着心地。でも実用性だけではない。スパンコールと色のきらめきがコレクションをいきいきと彩り、YOONは「華やかなドレスも、スタイルを妥協せずに快適でいられるはずじゃない?」と問いかけている。AMBUSH®の名を知らしめたジュエリーも、太いチェーンリンクからステートメントピースとなるイヤリングなど興味深いアイテムが揃う。YOONが提案する快適さとは、フィット感や感触だけではない。それは心の中にもある。思いがけないファブリック、光沢と質感の相互効果、平凡な日常に取り入れる鮮やかな色調‒すべては気分を高め、着る人が自分らしくいられるようにするためのもの。AMBUSH®は喜びを基盤にブランドを築いていく。