Stella McCartney 2021 Autumn Collection “J is for Joy(喜び)”未来に対する楽観的かつエネルギッシュでカラフルなビジョンを掲げ、従来のクラシックなパフォーマンスウェアをさらに進化

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)2021年オータムコレクションのインスピレーションは、マッカートニー A to Z マニフェストの“J is for Joy(喜び)”。未来に対する楽観的かつエネルギッシュでカラフルなビジョンを掲げ、ソフトでセンシュアルなタッチと流れるようなシルエットに新たにフォーカスをあて、従来のクラシックなパフォーマンスウェアをさらに進化させる。アクティブなステラウーマンのためにデザインされたスキーウェアは、機能性を備えながらもダイナミックでファッショナブルな魅力を表現。こうして生まれたのが、エコフレンドリ―素材を80%使用した今までで最もサステナブルで活気あふれるコレクション。カラーパレットには、ピンク、グリーン、ブルー、レッド、オレンジ、イエローなど鮮やかで大胆な色づかいでシーズンを盛りあげる。そこにキャメル、カーキ、グレー、バター、クリーム、ネイビー、インク、ブラック、ホワイトのニュートラルなパレットをプラスし、フレッシュさをバランスよく表現。ソフトなリサイクルポリエステルからなるテディマット素材と、滑らかなオルターマット素材のヴィーガンレザーがテクスチャーの主役。センシュアルに表現されたスキーウェアにインスピレーションを受けデザインされたのは、フォレストフレンドリー(森林に優しい)なビスコースを使ったマルチカラードレス、リサイクルナイロン素材のジャケット、幅広のショルダーと細身のウェストが特徴のスライスニット。ベルト代わりにあしらわれたバムバッグがフレッシュな印象。この鮮やかなカラーストーリーは、90年代のスイムウェアを連想させるオーガニックコットン ジャージーのストレッチ素材を採用したボディコンシャスなフローラルドレスに表現。スポーティな要素は、レギンス、アップデートされた“STELLA”グラフィックがあしらわれたオーバーサイズのテディマットコート、そしてジャカードフリースのセットアップに象徴される。ミリタリーウェア、ワークウェア、ウィンタースポーツから着想を得たオーガニックコットンのパッチワークパンツには同素材のトップスを合わせてスタイリング。グレーのギャラクシーウォッシュデニムには、ほんの少しカラーをあしらい、さりげないニュアンスを演出し、ホワイトのステッチでアクセントを加える。これらはジャケット、ラウンドシェイプのトラウザー、オールインワンとなって、ユーティリタリアン(=実用主義的)なエネルギーを放つ。ステラのシグネチャーのテーラリング、機能的なジャンプスーツにインスピレーションを得たバギーシルエットのオールインワン、オーバーサイズのKOBA®ファー フリー ファーコート、ルーズシルエットのショートドレスなど、アイコニックなスタイルはいずれもウェストを絞ったシルエットが印象的。バランスをもたらすのは、襟付きのトレンチコートや40年代のスタイルを彷彿とさせるコンパクトシルエットのブラウス、ぴったりとフィットする、あるいはボリューム感のある様々なシルエットのトラウザー、ショートドレスなど、シンプルさを追求したスマートなワードローブ。落ち着いた色づかいの中でホワイトのステッチディテールが洗練されたコントラストを描く。ブラックやレモンイエローのドレスには、ステラの得意とする遊び心あふれるフリーハンドのウェーブが描かれ、ドレス全体にちりばめられたレースは力強いシェイプと楽しげな魅力を演出。躍動感とアクティブなムードに満ちた着心地の良いニットウェアには、クリーンでコンパクトなニットトラックスーツや、英国のトラディショナルなアラン編みのチャンキーニット、クラシカルな「ステラ(Stella)」インターシャジャンパーが絶妙なバランスで登場。遊び心あふれるテクスチャーの融合は、ファー フリー ファーとふんわりとした起毛素材の混紡ニット、シャツとセーターのコンビネーション、大胆にあしらわれたメタルジッパーとソフトなウールのコントラストを通して描かれる。ヴィーガン&クルエルティフリー(動物を犠牲にしない)のバッグには、アイコンバッグ「ファラベラ(Falabella)」もラインナップ。今シーズンではオーバーサイズのマキシエディションとして遊び心いっぱいにさらなる進化を遂げている。「フレイム(Frayme)」は、クラシックなファラベラのデザインに、斬新なディテールを取り入れてリミックスした大胆で新しいスタイル。チャンキーチェーンのストラップがバッグ全体を縁取り、アーティストのカール オーボック(Carl Auböck)にインスピレーションを受けたステートメントのメダリオンが輝きを放つ。楽観的でスポーティな世界観を表現するのは「ファニー(Fannee)」ベルトバッグ。鮮やかなパッチワークで仕上げたバッグには、リサイクルナイロン素材のバンジーコードとバックルクロージャーがあしらわれている。「ロゴ(Logo)」バッグも新たなカラーで展開。異素材を組み合わせたオルター マット製のスタイルは、カネッラカラーで、ゴールドスタッズ付きのテディマット素材のスタイルは、ビスケットカラーで登場。新たに発表される「ジップイット(Zipit)」は、滑らかなオルター マット素材に、実用的な外ポケットとジッパーをあしらったシンプルでスポーティなバムバッグ。「ホーボー(Hobo)」トートバッグは、これまでよりも小ぶりで丸みをおびたスタイルとなってカモブルーとマッキントッシュの2色で展開。サステナブルな「ループ(Loop)」スニーカーはBMXを彷彿させる美しいディテールが特徴。テクニカルニットのアッパーにあしらわれたアップデートされた“STELLA”グラフィックが印象的なデザインは、カーフハイ(ふくらはぎ上)とオーバーザニーハイ(膝上)の2つのシルエットが揃う。アイコニックなプラットフォームシューズ「エリス(Elyse)」は、つま先の閉じたスリングバックスタイルのクロッグシューズとして再解釈され「トレース クロッグ(Trace Clog)」と「エアー スライド(Air Slide)」シューズは、ファー フリー ファーのライニングをプラスしてエフォートレスでありながら洗練されたアティチュードを表現。「エミリー(Emilie)」チェルシーブーツにはカウボーイブーツのディテールを取り入れ、軽量のマイクロソールと心地よいフリースのライニングを備えた新たな「エミリーテディ(Emilie Teddy)」と共に、ステートメントピースとして存在感を放つ。エフォートレスでセンシュアルな魅力を表現するのは、丸みを帯びたスクエアトゥとブロックスティレットヒールがポイントのオーバーザニーブーツ「アイヴィー(Ivy)」と、ポインテッドトゥのデザインに大胆にあしらわれたメタルジップが特徴のエッジの効いた「ジップイット(Zipit)」ブーツ。いずれもオルター マット製のヴィーガンレザーを採用。「ファラベラ(Falabella)」シューズのアイコニックなチェーンのディテールは、クルエルティフリーのヒールブーツやバレエフラットをはじめとする新たなスタイルにも。「エクリプス(Eclypse)」スニーカー、「トレースブーツ(Trace Boot)」、「スカイラ(Skyla)」ブーティなど、これまでのシーズンより続くキャリーオーバースタイルも豊富に展開。楽しさいっぱいのカラーストーリーはアクセサリーにも描かれる。オーガニック&ハンドメイド感あふれる「ブロブ(Blob)」イヤリングは、鮮やかな色合いがエネルギッシュな魅力を強調し、さらにクリスタルをあしらうことで、エレガントさをプラス。アイコニックな「ファラベラ(Falabella)」チェーンは、シルバーとゴールドのバイカラーのチャンキーなネックレスやブレスレット、コントラストトーンのイヤリングやゴールドのリングとなって登場。ステラ マッカートニーは、これまでと同様にブランドスピリットに忠実に、レザー、フェザー、ファー、スキンフリーで動物皮革を一切使用しないことを提言。シューズとバッグはすべてヴィーガン&クルエルティフリーな素材を採用。今シーズンは、リサイクルポリエステル、リサイクルエラスチン、オーガニックコットン、オーガニックリネン、フォレストフレンドリー ビスコース、責任ある方法で調達されたトレーサブルウール、ECONYL®再生ナイロン、ソルベントフリー(溶剤不使用)PU、オルター マット、オルターテディ、KOBA®ファー フリー ファー、PVDコーティングを施したアルミニウムチェーンやステンレススチールチェーン、サステナブルなビーチウッド、オールドストック素材の再利用など、コレクション素材の80%にエコフレンドリ―なマテリアルを採用し循環型ソリューションをさらに推進する。