LOEWE F/W 2021 MEN’S RUNWAY COLLECTION “A SHOW IN A BOOK(本の中のショー)” / アウトドア、ビンテージ、ミリタリーの要素とトラディショナルなスポーツウェアとのハイブリッド Eye/Loewe/Nature F/W 2021 COLLECTION

カットアップをあらゆる部分に取り入れたLOEWE(ロエベ)の2021秋冬メンズ ランウェイコレクション“A SHOW IN A BOOK(本の中のショー)”。制作過程で「裁断」と「配置換え」という作業が「編集」と「発明」という行為に姿を変えたこのコレクションには、夢のような様々な架空のキャラクターたちが登場。クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、クリーンなシルエットと精緻な裁断により、コレクション全体にドライな表現と明るいムードを持たせている。ウェアやアクセサリー全体に施されているプリントやジャカードは、芸術家ジョー・ブレイナードの作品に対するトリビュートとなっているだけでなく、「コラージュ」という手法と発想を称えるものに。シャツとセーターは3連タイプになり、ブレザーの前面とラペルには、アートワークを載せたシートを飾り気無くプリント。アイコニックなサブカルチャーの比喩表現(あるいはよくある手法)の中に在る回り道が、いま明らかになる。異なる要素を切り、割り、歪め、乾かし、そして既成概念を覆すような形で組み立て直す。グランジ的なストライプセーター、レイブ的なオーバーサイズのトラウザーとワラビーシューズ、パンク的な細身のボンデージパンツとモヘアニット、ヒッピー的な毛足の長いムートンコート、ビートニク的なブラックとモッズ調のダッフルコート。古典的なトレンチコートやシンプルで実用的なピーコートも固定観念を覆すものに。そして、ニューウェーブ的な鋭く明るい色使いが、アクセントと共に全体を洗練させている。透かし編みのセーター。優雅に揺れるコート。揃いのキュロットとカーディガン。3連トップス。レザーボンデージパンツ。コラージュのプリント。オーバーサイズのバギーパンツ。これらのアイテムはそれぞれがコラージュであり、それらを組み合わせたコーディネートは、細部まで考えぬかれた積み重ねを感じさせる「コラージュのコラージュ」なのだ。メインとなるフットウェアは、チェルシーブーツ、スエードブーツ、ワラビー。また、ジョー・ブレイナードの作品をフィーチャーした注目のバッグでは、プリントを施したラウンドフォルムのバムバッグとロールトップのバックパック(どちらもナイロン製)や、クラシックカーフレザーにレザー象嵌を使い、ブレイナードのアイコニックな作品である「パンジー」を施した多面的なパズルバッグとバムバッグを展開。また、「アナグラムジャカード+カーフレザー」ならびに「クラシックカーフレザ+キャンバス」の組み合わせのダブルハンドルトートも登場する。