Rick Owens F/W 2021 Mens Collection キリストがはりつけの前夜に祈った庭「GETHSEMANE」最後の審判の前の不穏な静けさと胸騒ぎは、解決策を待つだけの緊張した日々を生きている私たちに重なる

Rick Owens(リック オウエンス) 2021年秋冬メンズコレクション「GETHSEMANE」。ゲッセマネは、キリストがはりつけの前夜に祈りをした庭で、最後の審判の前の不穏な静けさと胸騒ぎのする場所だった。現在の私たちは皆、解決策を待つだけの緊張した日々を生きている。破壊的であろうと合理的であろうと、まるで聖書のような原始的で野蛮な劇場的サスペンスに満ち溢れた毎日を過ごしている。レザーとムートンのジャケットやコートは、一体型になった手袋で身体を密閉し、顔の上をジッパーで覆うことで、保護と隠遁を表現。それはまるでホラーだ。ほとんどのルックの下にはスキンタイトなレザーボディスーツを着用し、なかには上半身を腰から垂れ下げて着ているルックも。シャープで誇張されたショルダーラインのテイラードコートとクロップド丈のボンバージャケットは、男性のコンサバティズムを嘲笑っている。ヘビーウェイトのリサイクルカシミアセーターは、体に絡みつき、引き上げてボディ部分を二重にして着ることもできれば、バナナのように剥いて着ることもできる。聖書の人物のようなブランケットサイズのフード付きローブにも同じリサイクルカシミヤの糸が使われている。これらのフード付きローブは中綿でも展開されていて、上半身収まりきらないほど短いクロップド丈の中綿ジャケットでも展開。ペンタグラムのモチーフがあしらわれたタイトなブリーフは、ヒールの高いロングブーツに、袖を破り取ったプラスチックの廃材を使用したリサイクル素材のコートを合わせると、さらに男性的なエネルギーを解放させてくれる。毛むくじゃらの脚、オーガニックコットンを使用したペンタグラムモチーフのアンダーウェア、巨大なリサイクルコートとパンデミック用のマスクは今の野蛮で矛盾した時代の縮図のようなルック。床を引きずるオーバーサイズジーンズは、ブラックの縦糸・横糸を使用し、日本・岡山の山足織物の坂本式自動シャトル織機でオーダーメイドで織り上げた16オンスのセルビッチデニム。これは以前から取り組んでいる日本製のDRKSHDWカプセルコレクションのアイテム。「RAMONESは私の青春時代のアイドルでした。馬鹿でうるさいことを洗練されたエレガントなスタイルで彼らは表現していました。彼らは完璧だった – 正しいアティチュード、正しいコード、正しいヒップボーン、正しいグラフィック、正しい髪型、正しい靴 – CONVERSE。もう何年も前ですが、私は彼らの履いていたスニーカーをもとに自分なりのばかでうるさいバージョンを作りました。今シーズンCONVERSEは私の無作法なバージョンのスニーカーをオリジナルに移植して、そのシグネチャーのトゥキャップを変更することに同意してくれました。シュータンは拡張され、ラベルとライセンスプレートにはDRKSHDWとのコラボレーションが記されています。」SOUNDTRACKはGHOSTEMANEによる「HELLRAP」のEXCLUSIVE ESTENDED REMIXで、あらゆる面で抑圧された男性の怒りを表現している。