FENDI Men’s Fall/Winter 2021 Collection 色彩と光への賞賛とシュールな時代における連帯と絆という普遍的なメッセージ #FendiFW21

FENDI(フェンディ)2021-22年秋冬メンズコレクション。光、カラー、オプ・アートが織りなすゲームのイリュージョンの中で、オプティミズムの精神に満ちた冒険を繰り広げる。イタリアのアーティスト、ニコ・ヴァシェラーリが指揮した映画のようなシークエンスは、ノット・ウェイヴィングのダンストラック「What is Normal Today ft. Silvia」に合わせてシーンを作る。360度鏡張りのトンネルに登場するモデル達はひとりの姿が無限に増殖し、ミュージックビデオのようにライトが脈動する天井からは戸口が吊り下げられ迷路を作り、色鮮やかなネオンカラーに発色。クラシックなメンズウェアにフェンディらしい遊び心やひねりを効かせた作品が、ひとつずつ暗闇からフルテクニカラーの空間へと登場。表現されるのは、色彩と光への賞賛とシュールな時代における連帯と絆という普遍的なメッセージ。宝石のようなエメラルド、バーミリオン、サフラン、オレンジ、フューシャ、コバルト、ペリウィンクルに対してブラック、キャメルチャコールとカラーブロックを形作り、裏地、インレイ、スラッシュシームが、対照的なテキスチャーとカラーでコントラストを強める。全体を通して、リバーシブルワークウェアやゆったりしたアウターウェアにおいて、多機能性とフォルムが巧みに両立。カシミアフランネル、サテン、ストライプのファーや、シャーリングのベルト付きオーバーコートとトレンチコートはペニョワールのくつろぎ感覚に満ち、パイピングを施したパジャマのヘムラインは、インドアとアウトドアのコンセプトを融合。ショールカラーのラウンジコートからプルオーバー、シャツジャケット、バミューダパンツに至るまで、あらゆるシルクジャガードをダイアゴナルキルトがふくらませて、コクーンのような心地よさを贅沢に表現し、インサイドアウト仕立てによってパッド入りのFFロゴの裏地が表に施されている。「ニューノーマル」を風変わりかつ魅力的に解釈し、伝統的なリブ編みやケーブル編みのロングジョン、カーディガンスカーフ、ミトンカフ、ラップ「スリーブ」ネックセーターとして生まれ変わる。ロンドンのアンダーグラウンドシーンのアイコンとして多彩な分野で活躍するアーティスト兼パフォーマー、ノエル・フィールディングが、一連のサイケデリックなアートワークを提供し「FENDI」のロゴを抽象化し、色とりどりの意識の流れを表現した落書き風アートを通じて、今シーズンのコズミックスピリットを強調。夢のような物語から顔や生き物が現れ、アール・ブリュット的な狂気の瞬間で、コレクションのシンプルなシルエットを引き立たせる。フィールディングの常軌を逸したポップな感性は、英国人アーティストのジョン・ブース、ヘイ・レイリー、スー・ティリーなど、これまでシルヴィア・フェンディがコラボレーションを行ってきた遊び心溢れるアーティストセレクションの最新形。アクセサリーコレクションは今シーズンの鮮やかな色使いを存分に楽しんでいる。レザー、マットサテンなどに全面的に処理を施してディップ効果を出した「バゲット」や、フラットショッパーバッグが登場する他バックパックや、クロスボディポーチには、FFロゴが刻印されたストライプモノグラムレザーを使用。ファンシーレザーでは「バゲット」が大きめのサッチェルやストラップカードホルダーとして登場する他、ノエル・フィールディングのグラフィックアートが「ピーカブー」やFFバックルトートを飾る。格調高いクラシックなアイテムとしてシャーリングのFFロゴスリッパとスリッポン、そしてバックル付きサボが登場し、ジップアップ式のキルト「スパッツ」アンクルブーツや「フェンディ フォース ライト」ラグソールコンバットブーツと同様に、コレクションのインドアとアウトドアを融合させる着想に沿っている。