THOM BROWNE Fall 1 2021 Womenswear Collection 様々な素材で織られたトワルアートワークのプリントと刺繡の総柄で解釈

THOM BROWNE(トム ブラウン)Fall 1 2021 Womenswearコレクション。ストーリーラインは全てのカテゴリーにおいて、様々な素材で織られたトワルアートワークのプリントと刺繡の総柄で解釈。今シーズンのアイコン:クマとサカナ(サーモン)がバッグとして登場し、現在拡大中のアニマルバッグコレクションを進化させる。全てのアートワークはブランドのオリジナル。ブランドのユニークなインターシャとパッチワークのテクニックを洋服に落とし込み、10の風景画が仲の良いクマとサカナのストーリーを表現している。生地はミリタリーウェイトのカシミア、カスタムのキャメルヘアーとフランネル、ウールのスーツとボイルドウールがブランドのレッド、ホワイト、ブルーのストライプ柄に編まれ、2021年春夏と2020年秋冬コレクションから継続しているシェトランドとドニゴールの伝統的なツイードは、重いハンティングツイードとしてブランドのカスタムカラーとシーズナルチェックで登場。種類豊富なニットウェアは、カシミア、メリノ、そしてウィンターコットンを使用した伝統的なケーブル、クリケットインターシャとフェアアイルで展開。ダウンとアレンジ可能なアウターは、全てカスタムの生地とトリムによって最高のクオリティーで仕上げられている。ダッフルコート、ノーフォークスーツ、そしてトレンチコートはレイヤーの長さとシルエットによって遊び心を加え、オーバーサイズスポーツコートはヒップの低い位置で履いた短いショーツとストレートペンシルスカート、そしてつまったハイアームホールのジャケットと組み合わせる。ブランドを代表する英国製のクラシックブローグのほかに、シーズナルのハイキングブーツと狩りやアウトドアの世界で長い歴史を持つ『ダックブーツ』が定番のブーツとして登場。THOM BROWNEはニットケーブルに見立てたラバーの靴底を持って、そのレガシーを引継ぐとともに更新させている。さらには、ブランドのクラシックヒールを様々な高さのブローグ、サドル、そしてブーツスタイルで展開。ブランドのクラシックシェイプは、ダウン、ツイードのカーディガンジャケットとムートン素材で覆われたダウンのクラシックスポーツコートへと再解釈される。新しいシルエットとして、ノーフォークジャケット、そしてオーバーサイズの『スコート』トラウザーとフライバック(取り外し可能なグログランテープストラップが付いた)ノーフォークオーバーコートを取り入れた。また、プリーツスカートとボウタイ付きのAラインブルゾンとスタイリングされたハイブレークのジャケットスタイルが登場する。