EMILIO PUCCI Pre-Fall 2021 Collection「Everlasting Holidays」カラーとシェイプの調和により新たなスタイルを追求、その服が個人の物語を紡いでいくようにと誘う

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)Pre-Fall 2021 Collection「Everlasting Holidays」。モダンらしさの定義はゆらぎ、エフォートレスでスピーディー、ダイナミックさが大切な素質になる。エミリオ・プッチは、直感に従って生きる現代的な女性像を描いてきた。エレガンスの新たなアイデアを体現し、シンプルで軽快に世界中を駆け巡ることができるような服を提案。エミリオ・プッチは新たなデザインチームによる数シーズンを経て、このプッチらしいアイデンティティを再認識し、新鮮な魅力と軽やかさを携えて、今回の2021年プレフォールコレクションを発表した。カラーとシェイプの調和により新たなスタイルを追求し、本質的なライン、純粋なデザイン、繊細なパレット、そしてその服が個人の物語を紡いでいくようにと誘う。オールオーバープリントを施したキュロットとブラトップを合わせた上に羽織る、素晴らしいテーラードブレザーや、スポーツの勢いとデュセスサテンの豪華なクチュールを組み合わせたアノラックのように、着る人の魅力が溢れ出す。ワードローブには新たなプッチプリントが登場。 Rugiada, Vortici, LosangheとHolidaysの新たなプリントはアーカイブからのテーマを抽出し、色調を変えて再解釈。繊細でコスメのような色合いのブラッシュピンク、サーモン、エメラルドグリーン、ダスティーブルー、ホワイト、キャメルは、ふんわりとしたシフォンドレスから、パテッドシルクの冬用コート、ベロアのレギンス、ベルベットのアクセサリーまで様々な素材と組み合わせて使用されている。タイムレスでダイナミックなワードローブとして、ゆったりとしたシェイプの中に鋭さを残したスーツ、シングルやダブルブレストオーバーコート、パテッドのブレザー、ダブルフェイスのブルゾン、ケープ、レギンスやトップス、洗練されたドレス、種類豊富なショートボトムスが登場。自然体でありながら、モダンなスタイルを高めていく。メゾンのスイムウェア ヘリテージは、当時を彷彿させるようなアイテムに。キャップとクロシェハット、ミニウォレットとミニショルダーバッグ、スカーフバッグ、細長いシルエットのスリッパなどのアクセサリーは順列のループで遊び心を加え、何か起こりそうな期待が込められた。率直ながらも繊細で、体にフィットして軽やかに、そして時には嬉々とした光を演出する刺繍など、今までにないエミリオ・プッチが出現する。

■EMILIO PUCCI

https://www.emiliopucci.com/jp