Nanushka 2021 PRE-FALL COLLECTION「TELEPORT(テレポート)」シュルレアリスムのモチーフや色彩、現実と未知の両方に加えつながりとバランスの両方を探求

Nanushka(ナヌーシュカ)のプレフォール2021コレクションは「TELEPORT(テレポート)」というタイトルを掲げ、デザインの方向性において、実験的な取り組みを継続し、2つの世界からヒントを得ている。シュルレアリスムアートのクリエイティブな世界、そして2020年にクリエイティブディレクターのサンドラ・サンダーを取り巻いた自然を取り込んだ世界。「すぐに自宅にあった抽象画からインスパイアされました。そして、このインスピレーションを深く掘り下げるほど、シュルレアリスムのモチーフや色彩との直接的なつながりを垣間見ることができました。そこで私たちは、フォルムやオーガニックなシェイプとの関係性を、私たちのコレクションの特性として、どのように取り入れることができるかを模索してきました。」その結果、予期しない色彩とアイデアが一緒に形成される。今シーズンのデザインの方向性は、現実と未知の両方に加え、つながりとバランスの両方を探求。力強いカラーブロックは、人間の性格のように”陰と陽”の感性を彷彿させ、加工されたものとオーガニックなシェイプが協調する傍ら、ニットウエアは不確実性の中での快適さを可能に。さらに文字通り、コレクションの裏地の縫い目とほつれは、内なる旅の直接的な引用として、外にそれを表現-つまり、内なる声を外の世界にTeleport(テレポート)している。ウィメンズウェアでは、このフォーマットに遊び心を加え、斬新なデニム、僅かにパッドを入れ、テーラリングされたブークレや柔らかなニットとフィット感のあるセーター、またオーバーサイズのセーターは、ファンタジーを感じさせるプリントと共にフィーチャー。-万華鏡、ロゴツイード、ジャカードは、夢のようでありつつ、官能さを彷彿させる。メンズウェアは慎重に進化を継続。ワイドなパンツとイージートゥウェアのチノパンは細身のジャケットと合わせる。またテーラードのアウターウェアは、再生レザーやリネンキャンバス地の両方で登場。特徴的で複雑でありながら着用しやすいプリントは、不思議な花柄、うっすらとしたタイダイ柄、はかない楽園、幻想的なチェックで構成。ナヌーシュカがこれまで掲げてきた、自然的な生活、サスティナビリティ、環境、それに敬意を捧げる姿勢は顕在し、革新的な責任のある生地選びへ取り組みは一新され、プレフォール2021コレクションを通して表現されている。100%リサイクル素材のメッシュジャージー、FSC認定サテン、オーガニックコットン、再生レザーに加え、ECONYL®(エコニール)の使用を開始、トレンチコートとして登場。「このコレクションは、安定した機能性と、ある程度の実用性に基づいています。しかし、本当にクリエイティブなコレクションでもあります。生地の技法を覆したり、再考したり、明るさと暗さ、シェイプやフォルムなどが異なる、”意外な反対”を模索しています。私たちは絶えず迅速に様々な状況の中で移動しています。このコレクションではそれをより力強く表現できていると感じます。」ナヌーシュカのアクセサリーラインは、この精神を受け継ぎ進化。厳選されたバッグファミリーは、カードホルダー、お財布、キーリングなどの革小物が新たに加わったことによって、より身近に感じることができる。フットウェアラインも同様に拡大。ニーハイブーツとアンクルブーツ以外に、エレガントで機能性を備えたフラットのスリッポン、サンダル、ローヒールが加わった。Teleport(テレポート)の中心的な考え方は、実験、新しさ、革新が、楽観主義の推進を促す、双対的な遊び心のある関係性に基づいている。世界中が置かれた状況に道理的な対応を継続する中で、ナヌーシュカは来る日々の希望と喜びの灯台として真のクリエティビティに目を向け続ける。

©Pierre Ange Carlotti

 

■NANUSHKA(ナヌーシュカ)

WWW.NANUSHKA.COM