blurhms(ブラームス) 2021 Spring/Summer Collection ミリタリーやワークウェアなどのテイストをより上質なものへとアップデートし、素材や縫製、仕様などからもブランドの物作りの思いを込める

着心地、丁寧さ、程よいリラックス感と使いやすさがコンセプトの「blurhms(ブラームス)」。上質な原料から造られる心地良い生地と、日本の職人・技術者による繊細で卓越した縫製・加工を背景に、遊び心と、“ひねり”のあるアイテムを展開する。ブラームスというブランド名は“blur”と“hmm…”を組み合わせた造語。考えぬくことで良い物事が造られることを意味している。2021春夏シーズンは、余分なものを削ぎ落とし、生地開発にも力を入れ、それぞれのアイテムごとに最高のシルエットバランスを生み出すデザイン。ピンクベージュとサックスブルーをキーカラーに、ミリタリーやワークウェアなどのテイストをより上質なものへとアップデートし、素材や縫製、仕様などからもブランドの物作りの思いを込める。特徴的なアイテムは、モーターサイクルコートの要素は残しつつ、よりシンプルなデザインにマイナーチェンジし、超長綿を使用したコットンギャバジンで自然な光沢と柔らかさが特徴のコート。超長綿でおられたコットン100%のシアサッカー生地を用いたシリーズ。凹凸感を多く出すため糸番手を調整し、独特の光沢感とシアサッカーのドライタッチは春夏シーズンに最適な仕上がり。定番のシャツは細番手の超長綿をシャトル織機で時間をかけ高密度に織り上げ、自然な光沢とクタッとした柔らかな肌触り、綺麗すぎず少し不揃いな表面感が特徴。blurhmsとしては珍しいNylonを使用したアイテムも登場。軽く独特な落ち感、シワ感が特徴で、弱撥水機能のあるナイロンを使用している。春夏に最適な上質なリネンを染色後に洗い込み、アタリやシボ感を出し、使い込んだような表面感が特徴のジャケットやボトムス。ライトオンスのデニムを使用したセットアップは、ピュアインディゴ100%でロープ染めした軽くハリの有るリジットデニムも登場する。