ERMANNO SCERVINO 2021 S/S COLLECTION エレガントな精神と完全な無頓着さの対照的な要素が並び、その中心にノスタルジックさを感じさせない自然体な女性が存在

ERMANNO SCERVINO(エルマンノ シェルヴィーノ)2021年春夏コレクション。今年20周年を迎えるエルマンノ シェルヴィーノは、いつもの様に「美の追求」と「絶え間なく変化するバランス」をテーマに、今シーズンは白を基調とし、グラフィックな黒のカットで、軽くてふんわりとした素材と、レザー、マット、デニムなどのコントラストが特徴。生地は、刺繡、透かし、装飾、そしてレースのレイヤードなど、どれも丁寧に作られている。今シーズンは、ショーツとブレザーを組み合わせることで新しいスーツを定義し、フリンジや非常に短い裾が下から見える。花の刺繡、陰影のあるアニマルプリント、太陽の光を放つパステルカラーなど、コレクション全体に洗練された雰囲気が流れている。ブラックのレザーでさえも、硬さより柔らかい魅力を感じさせる。レース、コットン、シフォン、ジュート、レザー、デニムのミックスは、ブラックとホワイトを基調にピンク、ブルーの差し色を使用。繊細な主張。エレガントな精神と完全な無頓着さの対照的な要素が並び、その中心には、ノスタルジックさを感じさせない、自然体な女性が存在する。ファッションは宙ぶらりんな空間では機能せず、時間を記録し、解釈し、それを創造する人々の個人的なビジョンを先取りする。エルマンノ シェルヴィーノのコレクションは、反抗的なタッチと共に新しいバランスの探求。独自の方法で、優しさ、コントラストのある調和、細部へのこだわり、そして精巧な職人技を表現する。ドライなルックにレースを使い、彫刻や植物のインレー細工で革をソフトにし、麻のようなラフで手触りの良い素材を丁寧に扱っている。