EMPORIO ARMANI MENS'&LADIES' 21S/S COLLECTION ”Building Dialogues「対話の構築」” スタイル、個性、そして都市が対話することで生まれる新しいバランスを表現

EMPORIO ARMANI(エンポリオ アルマーニ)2021年春夏コレクションBuilding Dialogues「対話の構築」は、スタイル、個性、そして都市が対話することで生まれる新しいバランスを表現。言葉では表現し難い、都市のダイナミックで予測不可能な優雅さを、現代的で軽やかなルックに見事に溶け込ませている。フェザーのように軽やかな素材は非常に繊細す。フレッシュでニュートラルな色合いは、ベージュ、グレー、アーモンドで展開され、白と水色に合わさることで純粋な表情を醸し出す。メンズとレディスのワードローブでは、ソフトなアイテムとシャープなアイテムを組み合わせ、互いがリンクし、昇華するようなスタイルを生み出している。ソフトとシャープ双方のアイテムは、「無重力」を表現するカラートーンを共有することで、さらなる互いの対話を生み出す。エンポリオ アルマーニ独自のテクスチャーに焦点を当て、その生地を通して無重力の世界観がさらに強調されている。レディスのシルエットは細身で繊細。自然でコンパクトなショルダーは、流れるようなボディシェイプで動きやすくデザイン。ショートジャケット、リラックススタイルのパンツ、クロップドブルゾン、パーカー、ボディラインをほとんど見せないミニドレス、クロップドトップやジャンプスーツなど、どのアイテムも自由さを失わず、かつ洗練されたスタイルを生み出している。イブニングワードローブはダークトーンと合わせ、揺れるテクスチャーを絶妙に表現するディテールを用いられていることで神秘的な輝きにあふれている。アクセサリーには、スタイリッシュなヒールサンダル、スエードモカシン、マイクロバッグ、バックパック、マクロ織りのショッパーバッグなどが登場し、メンズアイテムは、新鮮さを感じさせるシルエットのアイテムが登場。ジャケットは、裏地が完全に取り除かれ、ラペルがなくなったロングジャケットや、スタンドカラーにシャープなシルエットのジャケット。ジャケットは素肌に着用し、パンツとジレとでセットアップを完成させる。スエード素材のウインドブレーカーやボンバージャケットなど、よりカジュアルなアイテムはあえてフォーマルなコーディネートで。スーツとコートは流動的なシェイプのものから、レーザー加工のもの、構築的な装飾がなされたもの、またはメッシュに刺繍が施されてたイブニングスタイルのものなど、豊富なラインナップ。シューズではモカシン、サボ、編み込みのエスパドリーユなどを象徴的にルックに合わせている。Building Dialogues「対話の構築」と名付けられたスペシャルムービーが特設サイトemporioarmani-buildingdialogues.comおよびアルマーニのソーシャルメディアチャネルで公開中。このムービーは、Frédéric Sanchezのサウンドとビジュアルアートを、ベルゴニョーネ通りにあるアルマーニ本社「アルマーニ/テアトロ」の現代的な建築で撮影された。アルマーニ/テアトロのシンプルな建築デザインが映像にダイナミックな空気感を与え、同時に、登場人物と観客とをつなぎ、さらなる大きな世界に向かう開放的で象徴的な「対話の構築」を表現している。想像上の都市で、人々が、待望のイベントを体験する準備を整えている。彼らは整然としていて、注意を払いながらも自由に、かつ情熱的に歩いており、カッティングとファブリックでどこまでも軽さを追求した洋服は、都市の風景に完全に溶け込んでいる。カラー、グラフィック、強力なサウンドを伴い迎える日没のシーンでは、道路や橋、大きな階段が、アニメーション化され、明るく輝く球体が、未来の象徴として輝いている。そこには人々、物語、才能、そしてビジョンが出会う、未来の都市空間が存在する。新進気鋭のフィルムディレクターLeandro Manuel Emedeと数多くの著名人のスタイリングも担当するクリエイティブ ディレクターのNicolò Cerioniが監督をつとめたこのビデオには、通常のモデルに加え、常にブランドの幅広いコミュニティにリンクされている世界中のアーティストが参加。これらのアーティストの起用は、コロナ渦下のロックダウン期間の影響により、現在も苦労している芸術、音楽、ダンス、演技をサポートしたいという想いにより、決定したもの。