EMILIO PUCCI PRE FALL 2020 COLLECTION カプリ島の海岸にあるイ・ファラリオニという山から遥か遠い海へとエキゾチックなクルーズで冒険のような旅へ

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)2020年プレフォールコレクションは、カプリ島の海岸にあるイ・ファラリオニという山から遥か遠い海へとエキゾチックなクルーズで、冒険のような旅に連れていく。この創造力の溢れるスピリットが、クラシックなロゴが吸い込まれるようなドリーミーでうねりの多いモチーフを使った、新しいプッチプリントを生み出している。Wally, Occhi, Sirens Song, Clipperは、今回のコレクションのユニークな感覚を呼び起こすようなプリントとなっており、プッチのベースでもある魅惑的な女性らしさと革新を融合させた世界観を表現している。エミリオ・プッチは、常に新しい素材を探求することで、前シーズンよりも真新しさや大胆さを高め、テクノジャージーは定番のジャージー素材よりも順応性があり、まるでネオプレンを自由にカットしたような質感。シルクとウールを組み合わせることで、より贅沢な素材となり、その素材をカラーブロックの洗練された技術でプリントしたり、スパンコールを装飾して彩っている。新しいジャガードのテクノパシュミナには今シーズンの柄が大きくプリントされており、他のシルクのジャガードは海にうつる幻想的な月の明かりをイメージしている。新しいジオメトリックなシェイプのドレスは、有名なマリリンドレスを現代風にしたもので、バランスやボリュームを見直し、体にフィットしやすい独創的なアシメトリーに。シティライクなスポーツウエアをイメージしたものは、よりボディコンシャスなシルエットを革新的なストレッチ素材やシームレスのジャガード素材で強調している。コレクションの中でも特に魅惑的なものとして、波のようなカットでデコルテが強調された女性らしいフリルドレスが登場。他にも、マイクロスパンコールで装飾したパジャマ風のタキシードで今らしいグラマーを表現したり、クラシックなパンツスタイルをプリーツのミニスカートに変えたりと予想外な展開を見せている。ビスコースのジャンプスーツは、真夜中の海の輝きを演出するように、きらめく刺繍されたシフォンスリーブとなった。ケープはアウター代わりに、さまざまなオケージョンに着用できるハイブリッドなアイテム。プリントされたナイロンジャガードのクラシックなダウンジャケットは、スリーブレスのウエストコートやアシンメトリーな裾のベストなどとレイヤーしてクリエイティブなスタイリングを楽しめる。ニットはプレイフルなカラフルなパッチでロゴを付けて、オールオーバープリントのレギンスと合わせている。大振りのイヤリングやネックレスはスパンコールやクリスタルの刺繍で作られ、ミニドレスと合わせることで、より豪華な印象に引き立てる。アイコンのDora Bagは取り外しのできるプリントスカーフのストラップで、マストハブアイテムになり、ソフトナッパで作られたVera Clutchや、カラフルなブロックコンビネーションが特徴で実用性を備えたVirgina Mini ToteとMargherita Hobo Bagもデコラティブで多目的に使えるアイテムとして登場。

■EMILIO PUCCI

https://www.emiliopucci.com/jp