Chloé 2020 SPRING/SUMMER COLLECTION クロエの普遍的なアティチュードであるsensuality(センシュアリティ)、freedom(自由なスピリット)、grace(優雅)を誇張

ナターシャ・ラムゼイ=レヴィによるChloé(クロエ)の2020年春夏コレクションは、クロエの女性像がエッセンシャルとするマニフェスト -フェミニンであると同時に現実に根付いたヴィジョン-を掲げる。エフォートレスなムードが漂い、メゾンの伝統にロマンスと力強さを加え、前進。実用的で洗練されたコレクションは、クロエの普遍的なアティチュードであるsensuality(センシュアリティ)、freedom(自由なスピリット)、grace(優雅)を誇張する。今季はテーラードと”FLOU(流れるような)”の計算されたバランスでフレンチスピリットを表現し、リラックスした気品のあるコレクションを生み出す。フェミニンでありながらマスキュリンなシルエットのルックは洗練されたデイウェアを実現。繊細なカラーパレットは、ホワイトやライトブラウンからクラシカルなベージュ、ブラック、ネイビー、ローレルグリーン、ラベンダーグレー、ジャスパー、オールドローズへと変化していく。流れるようなカットのテーラリングに、ピークラペルやウエストをマークしたベルト、結んだカフスや長めのライニングが施され、アクセントをプラス。ジャージー素材のデコルテトップスやロマンティックなスカーフブラウスは、チェックやテニスストライププリントの都会的なショートパンツやブレザージャケット、スカートと組み合わせている。軽やかなマイクロフローラルプリントのコットンはスモックドレスやピンタックブラウス、スリムなビスチェとして登場し、ラッフル付きリブニットやキュロットスカート、プリセのオーガンジードレスはボリュームを生み出す。ボディのグラフィックをプリントしたTシャツが登場するほか、レザーやデニムのタフな素材は、ビーズ刺繍やジュールエシェルステッチのディテールと調和する。2020年春夏コレクションのアクセサリーはエレガンスを根底に、クリスタルチョーカーやウッド素材のチェーン、メゾンのシグネチャーであるハンマードメタルのカフスやイヤリングが登場。足元は、ダブルストラップのプラットフォームシューズやバックル付きのジョッパーブーツはバーントカーフスキンとエキゾチックレザーの型押しで、ルックを完成させる。新作の”daria”デイバッグは、ソフトカーフスキンを使用し、トリプルハンドルとアンティーク加工のメタルパーツが特徴となっており、新作の”Darryl”バケツ型バッグには、ループ状のレザーのディテールが施されている。

■Chloé

http://www.chloe.com/