LONGCHAMP 2019 Spring/Summer Collection 70年代のグラマーで生き生きとしたシルエットにカリフォルニアスピリット、パリのエレガントで大胆なセンスがインスピレーションの核

LONGCHAMP(ロンシャン)の2019年春夏コレクションは、70年代のグラマーで生き生きとしたシルエットに、カリフォルニアスピリット、そしてパリのエレガントで大胆なセンスが、インスピレーションの核となっている。クリエイティブ・ディレクターのソフィ・ドゥラフォンテーヌにとって、今回が初のランウェイショー。ソフィーは、彼女が強く憧れてきた他に類を見ないファッションリーダーである、アニタ・パレンバーグとヴェルーシュカの美的センスに敬意を表してこのコレクションを制作し、洗練された自由なロンシャンウーマンのスタイルへと融合させた。コレクションは、見る人を驚かせる圧倒的な印象でありながら、まるで自然なシナリオのような組み合わせ。レザーのビキニトップの上にフェミニンなシースルーのアニマルプリントのドレスを重ね、ソフトなマクラメのドレスの上にはフリンジ付きのジャケットを羽織る。着る人を、夢見るような砂漠のドライブ、または L.A.の夜へといざなう。コントラストを効かせたミックスレイヤリングは、ほかにはないスタイルを完成させる。レザーフリンジの上にプリントを施し、繊細なチュールファブリックの上に刺繍を。この繊維が織りなす多彩な表現は、コレクションを通じてシグネチャモチーフとなっている。最新作のAmazoneは、ストーンの装飾をあしらい、コントラストを効かせたカラフルな素材でひねりを加えた。一方、Cavalcade はヴィヴィッドなカラーとアニマルプリントで仕上げられており、いずれもロンシャンのアイコンバックへのオマージュとして、存在感を示すレザーフリンジで驚きのタッチを添えてみたり、思いきったアレンジをしたコレクション。カラーパレットには、鮮やかな夏の日のイメージを展開。サビ色のレザーにターコイズカラーのレザーでかがり縫いを施し、ブラックとホワイトのディテールで都会的なタッチを添えて。ここにはブランド初のショーをニューヨークで披露しようというロンシャンの思いが表現されている。グラフィカルなスエードのグラディエータやファーのスリッパを含むコレクションのシューズはフラットヒールで、動きやすさを大幅にアップさせて、アウトドア好きを応援。40ルックを発表し、そのすべてが熟練したレザーのクラフトシップを誇るブランドであるロンシャンの歴史をクローズアップするものとなっている。創業70年目を迎えるロンシャン。70年の最高傑作としてファッション界にその存在を示し、コレクションを未来へとつなげていく。