Stella McCartney Women’s Spring 2019 Collection アイデンティティとも言えるマスキュリンなテーラリング、繊細なレース、意外性のあるプリント

Stella McCartney(ステラ マッカートニー)のWomen’s Spring 2019コレクションは、アイデンティティとも言えるマスキュリンなテーラリング、繊細なレース、意外性のあるプリント。サンドや夏らしいホワイト、ピンク、ブルートーンの、肌触りの良いスキン フリー スキン素材で春を祝う。アンティークリネンにインスピレーションを得て、ブローダリーアングレーズやアイレットレースを施したドレスをはじめ、シグニチャースタイルに映える様々な刺繡テクニック。ヘムラインが短めの洗練されたルックには脚長効果のあるスーパーソールのスニーカーを。ミニ丈をはじめとしたドラマチックなスカートは控えめなAラインシルエット。様々なピンストライプを組み合わせたテーラリングで縦長のシルエットを。細身のパンツ、背面にダーツを入れたバギーパンツ、アンクル部分にシャツのカフスを施した独創的なパンツなど、テーラリングにはモダンなアプローチ。海に浮かぶ月の印象的なフォトプリントを、光沢のあるサステナブルビスコースのアウターウェアやテーラリング、シャツドレスにボリュームを抑えて縫い合わせたスカーフなどに採用。ジャケットに施したプリントスカーフの裏地はヘムより長めの丈がアクセントに。大胆なステラのモノグラムロゴプリント。ヴィンテージの旅行カバンやスーツケースにインスパイアされ新しいロゴプリントがニットウェアには刺繍として、RTWやアクセサリーにはプリント生地として展開される。カラフルな”S”のグラフィックプリントは、ミックスプリントや様々な柄を組み合わせた着こなし、ファスナー付きのジャンプスーツ、ミニドレスとパンツのレイヤードなど、ステラの母親であるリンダの象徴的なスタイルから発想を得ている。軽やかに揺れるフリンジは、ホワイトのスキン フリー スキン素材のジャケットの短いヘムラインやスリーブまたは、イブニング仕様のドラマチックなネックラインが印象的なミニドレスの背面に施して。オーバーサイズのジャケットやボーイフレンドカットのジャケットにはサステナブルビスコースのタッセルが流れるような動きを作り出す。素材違いのニットパネル、ステッチや重さの異なるフリンジはローズレッド、ソフトキャメルメランジグレー、ドルフィンブルーを組み合わせて。ステラ マッカートニーのサステナビリティへのコミットメントに沿って、パールやスタッズ装飾が施されたヒールシューズや履きやすいローヒールローファーなど、溶剤不使用のポリウレタンを採用したクリア素材がアクセサリーラインに登場。定番スニーカーのエクリプスもクリア素材で新登場し、特長的なクッション性のあるパンプアップソールはスーパーサイズに。ナッパ風素材のスリングバックタイプのクロッグとストレッチブーツは強調されたプラットフォームソールで。バッグコレクションはRTWのデザインを反映しながら、今シーズンのアクセサリーラインの最大の特長であるモノグラムロゴをサンドカラーのキャンバスやデニム生地、環境にやさしいPVCフリーのクリア素材に施し、バリエーション豊かに展開。また、アッパーとソールを接着剤不使用で接合する製法で作られたスニーカーのループもモノグラムロゴプリントで登場。ステラ マッカートニーのシグネチャーであるファラベラチェーンはビッグサイズに。それをブラックのナッパ風素材やブラックトリムのモノグラム柄キャンバス生地、ナッパ風素材のトリムのデニム生地のバッグに斜めに走らせる。ステラ マッカートニーのロゴが入った厚みのあるストラップは、ショルダーバッグやバケットバッグに取り付けて。