AGNONA CRUISE COLLECTION 2019 90年代のミニマリズムをスポーツウェア、アウターやニットなどのワードローブに反映

AGNONA(アニオナ)のCRUISE COLLECTION 2019。クリエイティブディレクターのサイモン・ホロウェイは、90年代のミニマリズムを、軽量素材で仕立てたスポーツウェア、アウターやニットなどのワードローブに反映し、エフォートレスなルックで構成したシンプルなコレクションを作り出した。ワードローブの主なアイテムやベーシックな素材は、控えめにと言っても最高級と評して過言でないレベルにまで昇華。淡い色やサンウォッシュのパレット:ライトブルーデニム、サンダルウッド、カプチーノ、オークル、ロゾーリオ、アニス、ピスタチオ、そしてシャンブレ。アニオナが持つテキスタイルの専門知識により、デニムやチノといった素材を予想もしないラグジュアリーなものに作り変えた。最上級で贅沢なダブルフェイスカシミヤの“デニム”は、クチュール調のジーンズコートに仕立てられ、ライニングに取り外し可能な超軽量の天然シアリングレザーを。ホワイトのコットンTシャツと、ウールポプリンでサンダルウッドのニュートラルなカラーの“チノ”パンツをコーディネート。ショート丈のカシミア ジーンズ ジャケットは、90年代スタイルのロング ジーンズ スカートと合わせ、プレシャスなウールとカシミア混のデニムで抜け感のあるイージールックを演出。maglia unita aumentataの繊細なヴィスコースドレスは、緩やかな曲線を描いたカラーブロックで、スリップドレス、ロゾーリオ色のファインゲージVネックと滑らかなニットブラの組み合わせ、そしてクレープデシンの流れるようなスカートのラインが美しいラテ色のメリノニットタンクドレスなど、様々なスタイルを提案。オーバーサイズのウールのシャツスーツは、サンダルウッドかローズのチノクロスを用いて、典型的なサルトリアルの仕立てとソフトなパワードレッシングを具現化。ゴールデンオークルのウールサテンは、リッチでシンプルなカフタンドレスを表現。ネットステッチ タンクセーターとカーディガンは、シルクタンク、またはラメ糸をあしらったカシミヤスリーブレスセーターと重ねる。そしてコットンシルクのリブニットは、魅惑的なドレスに用いられ、ニットコレクションを根本的に完璧なものに。アウターは、技術と珍しいテキスタイルのコンビネーションの探求。ネットステッチカシミヤとスーパーソフトレザーパネルで作られるトレンチコートのハイパーライトバージョンから、メリノのニットライニングやホワイトクレープコットン素材のバルマカンスタイルトレンチなど、プレシャスな対比としてカシミアライニングのテクニカルシルクバージョンまで様々な組み合わせを展開。また、リネンのコートは、ヌヴォラカシミヤやアニオナフラールの上品な素材とボンディング加工。フローラルプリントのシルクツイルは、ボンバージャケットや、プリーツスカート、タンクドレスに使われている。トーン オン トーンで組み合わせたホワイトカシミヤセーターには、フローラルプリントのモチーフから取り上げられた一つの花を最先端の技術で刺しゅう。カシミヤニットのスニーカーはルックにモダンタッチを加え、ウールグログランとレザーのウェッジサンダルはソフトカシミヤのソックスと。アニオナのSegretaバッグは、デニムプリントのレザーとホワイトリネンキャンバス、またはソフトカシミヤとグラニティカーフの組み合わせを展開。