3.1 Phillip Lim PRE-SPRING 2019 COLLECTION「カルチャー」「キュリオシティ」「トラベル」のキーワードをインスピレーションにモダンで個性溢れるワードローブを提案

3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)のPRE-SPRING 2019はFALLで展開した彷徨うスピリットを継続しながら、「カルチャー」「キュリオシティ」「トラベル」のキーワードをインスピレーションに、今季もモダンで個性溢れるワードローブを提案。今季はその彷徨うスピリットを70年代のゆったりとしたムードに変化して提案している。オフビートのツーリストやオーバーエクスポーズされた写真、日光と潮風でブリーチされたタオルをサッと巻いて結んだスタイルがストリートに溢れファッションと化し、ゆったりとした感覚の中でストリートを意識し、その時代を彷彿するイメージ。これらが集まり3.1 フィリップリムのドグマである「ユースフルエレガンス」や「エフォートレスクール」が生まれる。トロピカルエッチングやブロック柄のパッチワーク、センシュアルでムードたっぷりのカラーパレットは、カウンターカルチャーとして派生したレゲエへのオマージュとし、レイヤードスタイルやたっぷりしたプロポーションで表現。アシンメトリーに施された裾のフリンジ、テリークロスのミニスカートや、マクラメディテール(結び方のテクニック)を施したオーバーサイズのポンチョで、DAY TO NIGHTのスタイルを可能に。レトロなスーティングには、ピエロカラーのブラウスやコントラストの強いプリントと合わせてフェミニンに演出している。3.1 フィリップリムは今季も個性を大切にする、モダンでグローバルな視点を持った女性のためのコレクションを展開する。