LANVIN 2018 A/W WOMEN'S COLLECTION 冬の季節を目覚めさせ、今日の女性に繋がるエネルギーからインスピレーション

LANVIN(ランバン)の2018秋冬コレクションは冬の季節を目覚めさせ、今日の女性に繋がるエネルギーからインスピレーションを得た「アーバンイブニング」に新しい輝きをもたらします。ネオ・モダニティへのトリビュートであるアーティストのクリスタ・キムによる「デジタルアート」が、ウルトラコンテンポラリーなワードローブの世界へと入りこみます。 アーティストによるアートワークは、オリヴィエ・ラピドスの手によって再びこの中に入っていき、コレクションの中の幾つかのピースとして、折り重ねられているものや、プリント、アクセサリーとなり、素晴らしい色合いで表現。暗い色彩が突然鮮やかに、ピンクがグリーンに変わり、そして稀有な迫力ある陰影のブルーが現れます。それは、まるで未知の世界からやってくるかのよう。シルクとオーガンザ、ウールとカシミア、ファブリックは柔らかさを次々に重ね、それはデザイナーのアバンギャルドなアプローチのコントラストを強調。デザイナーは、この素晴らしいコンビネーションの中に、ストリートウェアのラフさとイブニングウェアのタイムレスなエレガンス、流れるようなロングドレスにビッグボリュームのニットウェアとオーバーサイズのダウンジャケットという対峙するアイテムを据えています。このコレクションの中には、独自の創造性のミックスを必要とするテクノロイド効果が散りばめられ、コントロールされた特異性のヒントになっています。クチュールアトリエによる繊細な仕事と伝承された芸術性、モダニティへの欲求との間。ランバンの2018年秋冬コレクションでの女性は、コスモポリタンであり、シック、そしてノマドです。