"アンチテーゼ"をテーマにワークウェア × ブリティッシュスタイルを展開「5351POUR LES HOMMES」2016 F/W Collection

5351POUR LES HOMMES_2016FW_1

「5351POUR LES HOMMES(5351 プール・オム)」の2016-17 F/Wコレクションは「ANTITHESIS(アンチテーゼ)」がテーマ。ミリタリーやワークウェアと、ブリティッシュスタイルをミックスさせたコレクションが展開されています。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_2

セクシーな男性像をイメージしていた2015-16 F/Wコレクションのアンチテーゼとなる今シーズン。1960年代のちょっとワーカーっぽい、不器用で、男臭いイメージを、ブランドのフィルターを通して表現。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_35351POUR LES HOMMES_2016FW_4

カモフラージュ柄をグラフィックデザインに落とし込んだオリジナルテキスタイル。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_6

今シーズンは、ブーツスタイルを打ち出したかったと語るデザイナーの小村和久さん。ブーツはレザーのタイプと、オリジナルのテキスタイルをゴブラン織りであしらったタイプが展開されています。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_75351POUR LES HOMMES_2016FW_8

今回、初めてショーで発表したアイテムの一部をPOP UP STOREにて先行発売した「5351POUR LES HOMMES」。お店とショーの連動は、今後も続けていくのだとか。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_95351POUR LES HOMMES_2016FW_105351POUR LES HOMMES_2016FW_11

チルデンニットは、袖口や裾のラインをなくすことで、ブランドのカラーをプラス。

5351POUR LES HOMMES_2016FW_125351POUR LES HOMMES_2016FW_13

ミリタリーや、ワークウェアをモードに昇華させたUKスタイルが打ち出されたコレクションでした。

PHOTO_Ena Kitamura

■5351POUR LES HOMMES

http://abahouse.co.jp/men/5351-pour-les-hommes/