テーマは「気楽なきこなし」OPENING CEREMONY 2015A/Wシーズン カジュアルと洗練されたルックスを一度に提供

OPENING CEREMONY_2015AW_01

2015年秋冬のOPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)は「気楽なきこなし」をテーマに、カジュアルと洗練されたルックスの両方を一度に提供。カラーパレットは、キャメル、アイボリー、緑黄色、そして燃えるようなオレンジなど、パリッとした秋カラーが登場しています。

OPENING CEREMONY_2015AW_02

NYのインスタレーションブログでもご紹介済みのKodakアイテム!フィルムによる写真撮影の芸術に賛賞したオープニングセレモニー創設者のウンベルト・レオンとキャロル・リムが長年の友人スパイク・ジョーンズに敬意を表しカプセルコレクションを製作。1960年代と1970年代と、未来の雰囲気を漂わせる1990年代のムードを融合させ、年代の境が曖昧になったイメージが表現されています。

OPENING CEREMONY_2015AW_04OPENING CEREMONY_2015AW_05

OPENING CEREMONYお馴染みのハンドモチーフがデザインされたアクセサリーは、ビビットなピンクが新鮮♪

OPENING CEREMONY_2015AW_03OPENING CEREMONY_2015AW_06

こちらは、元気回復と再生からインスピレーションを受けたプレコレクションアイテム。毎日食べる果物や野菜もデザインに落とし込まれていて、ワンピースにはよくみるとケールが!カラーもダークで美味しそうなビート、ブルーベリー。グレープフルーツ、ケールグリーンが展開されています。

OPENING CEREMONY_2015AW_011OPENING CEREMONY_2015AW_07

千鳥柄のセットアップはスペインブランドの「MOISES NIETO(モイシス ニエト)」。MOISES NIETOは、Valentinoグループ主催、Vogue イタリアの”My Own Show”を受賞し、Mango Fashion Awardではファイナリスまで選ばれるなど、スペインのファッション界に大きく貢献してきました。今シーズンは悲しみと喜び、明るさと暗さの二重性とバランス感を柱に展開。明るいイエローにブラックを合わせ、光と影を表現。

OPENING CEREMONY_2015AW_08

大胆なファーアイテムは「SHRIMPS」のもの。フェイクファーを中心にしたブランドで、今季はオズの魔法使いのエメラルドシティへの旅がテーマ。現代的な要素も残しつつ、非現実的でノスタルジックな雰囲気が漂うアイテムを作り上げています。

OPENING CEREMONY_2015AW_09OPENING CEREMONY_2015AW_010OPENING CEREMONY_2015AW_013

PHOTO_Ena Kitamura

ウィットに富んだアイテムと、セレクトショップならではのバリエーション豊かなブランドラインナップを改めて体感したOPENING CEREMONYの2015 A/W展示会でした。

■OPENING CEREMONY

http://www.openingceremonyjapan.com/