MICHAEL KORS『ウォッチ・ハンガー・ストップ』より「世界食糧デー」に合わせてTシャツを店頭無料配布 アンバサダーを務めるケイト・ハドソンがカンボジア視察へ

MICHAEL KORS_WATCH HUNGER STOP (2)

MICHAEL KORS(マイケル・コース)が、本年も10月16日の世界食料デーに合わせ、10月の1ヶ月間、新商品やキャンペーン活動を通じて、世界饑餓撲滅の取り組みである『WATCH HUNGER STOP(ウォッチ・ハンガー・ストップ)』を展開。開始から5年目を迎えるこの取り組みは、饑餓撲滅を推進するため国連世界食糧計画(国連WFP)と協力し、食糧を必要としている子供達への学校給食プログラムの支援を目的に行われている。日本では10月15日、16日の2日間にウォッチ・ハンガー・ストップTシャツがマイケル・コース銀座店、表参道店、神戸店、福岡店にて無料配布される。このTシャツを着用し撮影したセルフィー写真を#WatchHungerStopと共にSNSへ投稿すると、マイケル・コースが投稿者に代わり1ポストあたり50食を寄付。それ以外にもマイケル・コースの各店舗で10月の1ヶ月間を通し、国連WFPへの現金での寄付が受け付けられている。また、ウォッチ・ハンガー・ストップキャンペーンのアンバサダーを務めるケイト・ハドソンが、今年の6月にカンボジアのシェムリアップ州を訪問し、ウォッチ・ハンガー・ストップの調達した資金が助けを必要とする子供達を支援しているか国連WFPとともに視察が行われた。彼女は、学校や農場、一般家庭を訪問したり、給食の手伝いをするなど、学校給食プログラムがどのように現地の子供達に影響を与えているかを実体験した。ケイト・ハドソンは「私にとっては3年目となる今年。引き続きマイケルと協力してこのような重要な問題に取り組めることを光栄に思います。この6月、私はカンボジアの学校をいくつか訪問しました。そこでは子供達が十分な栄養を摂り、学校を卒業できるようウォッチ・ハンガー・ ストップを通じて集められた資金を使い、国連WFPが子供達に食事を提供しています。現地で見て学んだことを是非伝えたいと思っています。」とコメント。視察の模様は、ウォッチ・ハンガー・ストップ特別サイトより視聴できる。世界飢餓撲滅のためにウォッチ・ハンガー・ストップTシャツを着用して写真をSNSへ投稿してみては?

MICHAEL KORS_WATCH HUNGER STOP (1)MICHAEL KORS_WATCH HUNGER STOP (4)MICHAEL KORS_WATCH HUNGER STOP (3)

MICHAEL KORS「WATCH HUNGER STOP」Tシャツ無料配布キャンペーン

2017年10月15日(日),16日(月) / MICHAEL KORS銀座店、表参道店、神戸店、福岡店 ※なくなり次第終了

www.michaelkors.jp