スウェーデン発「JOHN STERNER(ジョン・スターナー)」が初のポップアップをCIAO PANIC COUNTRY MALLとmartiniqueにて開催

JOHN STERNER_1st_popup (13)

スウェーデン発「JOHN STERNER(ジョン・スターナー)」が初のポップアップをCIAO PANIC COUNTRY MALL、martiniqueにて開催。JOHN STERNERは、デザイナーのアレクサンダー・ストゥッテルハイム自身が保有するスウェーデンの農場で育てている羊の毛を使い、全てがハンドメイドで製作されている。今回のポップアップでは、ブランドの代表的なタートルネックやクルーネックニットをはじめ、スカーフ、ニットキャップ、靴下などの小物まで、豊富にアイテムが取り揃えられている。JOHN STERNERのニットウェアは一つ一つが味わい深く控えめであり、エレガントな輝きを感じさせる。また、タグには羊のネームが付く。ブランドのDNAともいえる言葉”KNITOLOGY”には、”knittig poetry(編み物の持つ詩的な美しさ)”と”knitting philosophy(編み物の紡ぐ哲学)”とを合わせた意味合いが込められている。この言葉のように、ハイファッションでありながら、コンテンポラリーでエコロジカルな側面を合わせもつブランドを目指しており、スウェーデンに入国しようと試みる難民を編手として雇い、編み物のプロフェッショナルとして育て、それぞれの作品には生産者の署名を記入。ハンドメイドならではの唯一無二のニットウェアである事が表現されている。アンチドーテセーターの製作は、セーターの生産時間を市場の平均よりあえてじっくりとゆっくり丁寧に編むことが特徴となっている。デザイン要素の本質に集中するため、本当に特別で意味のあるガーメントを作りたいという思いから、何世代も先まで持つ、崇高なプレミアムニットウェアとなった。タイムレスにヘビーユースで着てもらえ、かつ愛情を持ってケアすることで、次の世代にも受け継いでほしいアンチドーテセーターは、一週間も掛けて一頭の羊から作り上げられ、触った即時に品質の高さと重みを感じられ、そして手編み作業の個性、一点一点の違いを楽しむことができる高品質なニットとなっている。「JOHN STERNER」初めてのポップアップに足を運んでみては?

JOHN STERNER_1st_popup (11)JOHN STERNER_1st_popup (12)JOHN STERNER_1st_popup (14)JOHN STERNER_1st_popup (1)

ANTIDOTE KNIT シリーズ¥84,000(+tax)

JOHN STERNER_1st_popup (6)

OLAND KNIT シリーズ ¥32,000(+tax)

 

■JOHN STERNER POP UP

2017年10月13日(金)~29日(日) 11:00-20:00 / CIAO PANIC COUNTRY MALL:東京都渋谷区神宮前6-12-22

10月13日(金)~22日(日) 11:00-20:00 / martinique MARUNOUCHI:東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F

10月27日(金)~11月12日(日) 11:00-20:00 / martinique NAGOYA:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア3F

johnsterner.com