TIFFANY & CO.が象への誓いを込めた「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を発表、売上利益の100%をエレファント・クライシス・ファンドに寄付

Tiffany-Tiffany Save the Wild Collection

ティファニー(TIFFANY & CO.)は、エレファント・クライシス・ファンド(ECF)をサポートするための特別なコレクション「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を発表。セーブ・ジ・エレファント(Save the Elephants)と野生動物保護ネットワーク(Wildlife Conservation Network)が、レオナルド・ディカプリオ財団とのパートナーシップにより設立した合同イニシアチブであるECFは、象の密猟や象牙の違法取引と需要を撲滅することを目指している。ティファニーは2016年に、野生動物の違法取引と闘うための取り組みの一環として、ECFが初めて開催するファッションに焦点を当てた#KnotOnMyPlanetキャンペーンをサポート。このキャンペーンに賛同する業界のインフルエンサーたちが、象たちを「絶対忘れない」という誓いを込めて、象牙取引により象が直面する危機を終わらせるために、象徴的な意味においてノット(結び目)を結び、ECFへの募金を表明した。今回は、世界中で販売予定の本コレクションの売上利益の100%を、2019年までに100万ドルを保証してECFに寄付することを決定。エレファントモチーフのチャームとブローチで展開されるこのジュエリーコレクションは、18Kローズゴールドにダイヤモンド、スターリングシルバーにはアクセントとしてツァボライトがあしらわれている。ケニアのツァボ国立公園の近くで発見されたツァボライトは、1974年にティファニーが初めて世界に紹介した宝石。またケニアのツァボ国立公園は、タスカー(牙あり象)と呼ばれる、地面につくほど長く成長した牙を持つ巨大なアフリカ象の生息地でもある。あなたも、ティファニーの「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を身に付けて、自然界の偉大なアイコンのひとつである象への想いを示してみては?

 

■TIFFANY & CO. 「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」

2017年10月よりティファニー公式オンラインストアにて先行販売中、11月より一部のティファニーブティックにて販売開始予定

お問い合わせ:TEL 0120-488-712(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

http://www.tiffany.co.jp/