今もなお愛され続けるピアジェのアルティプラノ誕生60周年を記念し銀座本店にてヒストリカルピースを展示中

main

ピアジェ銀座本店での展示物イメージ 1960-70年代の極薄時計 ©Philippe Garcia

アルティプラノの誕生から60年を記念し、PIAGET(ピアジェ)の旗艦店である銀座本店では、8月31日までの期間限定でヒストリカルピースを展示中。どこまでも続く地平線を目の当たりにすることが出来る南米の大地、アルティプラノ平原からその名がついたピアジェ「アルティプラノ」ウォッチ。そこに込められたメッセージはシンプリシティ。ピアジェは、1950年代に極薄のムーブメントを開発し、時計の厚みを薄くすることで究極のエレガンスを表現。文字盤への装飾として、ターコイズやラピスラズリといったオーナメンタルストーンを文字盤に施すなどの斬新なアイディアによって、馴染むほどにその人の生き方の象徴にまでなるような新しい価値観を持つ腕時計が生まれた。アルティプラノの優れた機能とシンプルなデザインは、多くのセレブリティたちをも魅了。すべてのバランスが見事で、奥ゆかしいエレガンスを備えているアルティプラノ。この機会に、60年という時を経てもなお愛されるピアジェ「アルティプラノ」の軌跡を辿ってみては?

newsub5

アルティプラノ 60周年コレクション

 

■PIAGET「アルティプラノ 60年の軌跡」

2017年8月31日(木)まで開催中 11:00-19:00

ピアジェ銀座本店:東京都中央区銀座7-8-5 / TEL  03-3569-0160

http://www.piaget.jp/