日本橋三越本店が開催する日本のアートジュエリー展に「マイコナガヤマ」が参加 イセタンサローネでは「マイコナガヤマ」のポップアップが開催

MAIKO_NAGAYAMA_0803N (1)

型にはまらないタイムレスな新感覚のジュエリーを⽣みだし続けるブランド「MAIKO NAGAYAMA(マイコナガヤマ)」が、日本橋三越本店が開催する日本のアートジュエリー展に参加。またISETAN SALONE(イセタンサローネ)ではマイコナガヤマのポップアップが開催される。マイコナガヤマは、ロンドンで暮らすデザイナー永⼭真維⼦がロンドンを拠点に2009年にたちあげたジュエリーブランドで、⽇本では2014年にスタジオをオープン。東京⼈の新しいものへの好奇⼼や感覚、社会的⾵潮、そして、異国⽂化溢れるロンドンのセンスが融合し⽣み出されるデザインは、⽇本にはない、時代が反映されたアート⾊の濃いジュエリースタイル。今回、⽇本橋三越本店にて開催される⽇本のアートジュエリー展は、8⽉9日〜14⽇まで、マイコナガヤマ以外にも⽇本を代表するジュエリーブランドが集結する。マイコナガヤマからは、希少性の⾼い宝⽯を使⽤した⼀点物のオートクチュールジュエリーをはじめ、普段使いしやすいプレタポルテジュエリーコレクションが登場。⾊とりどりのカラフルな貴⽯と半貴⽯が輝き、コレクション⼀つ⼀つにストーリーのあるマイコナガヤマのジュエリーは、⾝に着ける事ができるアートとして個性美を演出する⼀品となっている。本展開催中の6⽇間、デザイナーの永⼭真維⼦本⼈が会場にてマイコナガヤマジュエリーを紹介。また、8⽉30⽇〜9⽉12⽇には、東京六本⽊ミッドタウン・ガレリア内にあるISETAN SALONEの2階にて、ポップアップが開催され、プレタポルテの新作コレクションも登場する。女性の個性美を演出し、毎日を彩るブランド「MAIKO NAGAYAMA」のジュエリーをチェックして。

MAIKO_NAGAYAMA_0803N (2)MAIKO_NAGAYAMA_0803N (3)MAIKO_NAGAYAMA_0803N (4)MAIKO_NAGAYAMA_0803N (5)MAIKO_NAGAYAMA_0803N (6)

オートクチュール

MAIKO NAGAYAMA_P (2)MAIKO NAGAYAMA_P (3)MAIKO NAGAYAMA_P (4)MAIKO NAGAYAMA_P (5)MAIKO NAGAYAMA_P (6)

プレタポルテ

 

 

■MAIKO NAGAYAMA

2017年8⽉9⽇(⽔)~14⽇(⽉) / 日本のアートジュエリー展:⽇本橋三越本店 本館7階 催事会場

8⽉30⽇(⽔)〜9⽉12⽇(⽕) / ISETAN SALONE:東京都港区⾚坂9-7-4 東京ミッドタウン・ガレリア1F/2F

www.maikonagayama.com