adidas Consortium Sneaker ExchangeよりALIFE x STARCOWによるコラボスニーカーが発売

adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (1)

adidas Consortium Sneaker ExchangeからALIFE(エーライフ)&STARCOW(スターコー)によるコラボスニーカーが発売。インターネットが普及するまでコラボレーションは、現代とは違い、情報は少しずつやりとりされ、シーンやサブカルチャーはゆっくりと成熟し、その都市の外にまで広がることはあまりなかった。そのサブカルチャーの中心で独自のスニーカーショップが誕生。単に靴を売るだけではなく、流行、アート、音楽、アーバンカルチャーが出会い、ぶつかり合う場になっていた。ニューヨークのALIFEは1999年にオープン。この18年の間にファッションブランドを起こし、NYのフットウェアシーンの中心となり、その後に生まれた数々のスニーカーショップのお手本となった。同じ頃パリでは、2001年にオープンし、スケーターやストリートファッション好きが集まる店となっていたSTARCOWが全く同じように発展していった。adidas Consortiumは、Sneaker Exchange 2017のために、この2つのショップを引き合わせた。どちらも、新しいスニーカーを生み出すための豊富な知識と経験を徹底的に掘り出してくれることがよく分かっていたからだ。ALIFEとSTARCOWはそれぞれ、スエードのGazelleとレザーのStan Smithという、ベーシックに立ち返った2つの定番スタイルを発表。高品質のマテリアルに、クリーンなデザイン、控えめなディテールなどどちらのモデルにも細かいこだわりがある。Gazelleはグレーを基調とし、Stan Smithは白とオフホワイトのカラーで展開。小さな差し色は、アメリカの星条旗とフランスのトリコロールの色で、その赤と白と青がふたつのモデルのヒールを彩り、控えめながらも愛国心を表し、互いの文化を認め合っている。並べてみると、今回の核であるアイデアがはっきりし、一方に施したことが、もう一方では逆になっていることがわかる。白いレザーに2つのショップのロゴが型押しされ、それがStan Smithではアッパーに、Gazelleではライニングに使われ、また、Stan Smithのサンドカラーのライニングが、Gazelleではアッパーになっている。新しいスニーカーを生み出してきたALIFE&STARCOWとadidas Consortiumによるコラボレーションをチェックしてみて。

adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (2)adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (3)adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (4)adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (5)adidas_Consortium_ALIFExSTARCOW_ (6)

■adidas Consortium Sneaker Exchange ALIFE & STARCOW

2017年7月29日(土)発売 / Stan Smith , Gazelletoともに¥20,000(+tax)

展開店舗:Hankyu Men’s Tokyo / Styles DAIKANYAMA / VA / UNDEFEATED / mita sneakers / UNITED ARROWS & SONS / DOVER STREET MARKET GINZA

adidas.jp