GIVENCHYが新デザイナー クレア・ワイト・ケラーによる初のキャンペーンを発表「Transformation Seduction」をテーマにスティーブン・マイゼルが撮影

GIVENCHY_18ss_campain_1

GIVENCHY(ジバンシィ)が新デザイナー クレア・ワイト・ケラーによる初のキャンペーン「Transformation Seduction」を発表。ミステリアスなオーラに包まれたモノトーンのビジュアルは、世界的に著名な写真家、スティーブン・マイゼルにより撮影された。このキャンペーンは、NYにある個人の邸宅で撮影され、モデルにはワイト・ケラーのビジョンを体言する輝かしいニューフェイス達を起用。ワイト・ケラーは、メゾンのアーカイブを探求するなかで、ユベール・ド・ジバンシィの動物への深い愛情を再認識。そこから着想を得た彼女は1953年に登場したオレンジの目を持つ猫のシルクプリントにインスパイアされ、今回のキャンペーンに猫を登場させた。また彼女は、このキャンペーンにおいて、ユベール・ド・ジバンシィが築いた強くエレガントで普遍的な女性像に対する彼女自身のビジョンを投影。モデルのSaffron Vadher(サフロン・ヴァダー)とMeghan Roche(ミーガン・ロシェ)は猫を抱きかかえレースのTシャツを身に纏い、Elias Bouremah(エリアス・ブレマー)とKolton Bowen(コルトン・ボゥエン)はタキシードパンツとゴールドのジュエリーを身に着け、猫と共にくつろぐ様子が描かれている。全てのアイテムはワイト・ケラーの初となるランウエイの方向性を示唆しており、自身が描くジバンシィ・ウーマンとジバンシィ・マンの共存を「Transformation Seduction(進化と魅惑)」という言葉で表現した。ワイト・ケラーは「ジバンシィの世界では女性も男性も強くストイックで、ミステリアスな存在になることができます。どちらもパワフルでそれを平等にシェアしています。」とコメント。このキャンペーンはクレア・ワイト・ケラーの初コレクションに先駆け、世界中のメディアで展開。彼女のデビューコレクションは、SS18パリファッションウィーク期間中の2017年10月1日に開催が予定されており、メンズ・ウィメンズの両コレクションがフューチャーされる。新デザイナー クレア・ワイト・ケラー初となるGIVENCHYのキャンペーン「Transformation Seduction」に注目して。

GIVENCHY_18ss_campain_2

■GIVENCHY「Transformation Seduction」CAMPAIGN

www.givenchy.com