Graphpaperにて富士山麓を拠点に活動する陶芸家「吉田直嗣」による企画展が開催

Print

Graphpaperにて富士山麓を拠点に活動する陶芸家”吉田直嗣”による企画展が開催される。無駄のない美しい造形。白、黒、グレーにまとめられたストイックな釉薬の表情。そのどれもが自然に共存する吉田直嗣の作品は、力強くありながら静かな緊張感を放つ。2度目となる今回の企画展では、新たな試みとして大物の作品のみを展示。使用するという用途の概念に囚われず、作家として今表現したい形が思うままに製作されている。吉田直嗣氏は「限界まで削ぎ落とされた作品の緊張感に潜む、大らかさや優しさを感じて頂けたら嬉しい。」とコメント。未知なる挑戦に挑んだ陶芸家”吉田直嗣”の企画展に足を運んでみては?

 

■「吉田直嗣」企画展

2017年7月15日(土)~23日(日) 12:00 – 20:00 ※月曜日 祝日営業 / 初日15日は吉田直嗣が在店予定

Graphpaper 2F / 東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション 2D / TEL 03-6418-9402

www.graphpaper-tokyo.com