「ハンティング・ワールド」が50年を超えるブランド史上初となるランウェイショーをピッティ・イマージネ・ウォモで発表

Hunting_World_main

HUNTING WORLD(ハンティング・ワールド)が、50年を超える長い歴史の中で初となるランウェイショーを6月14日に「ピッティ・イマージネ・ウォモ」で発表した。フィレンツェの元は駅だった「Stazione Leopolda」を会場に、最新コレクション2018年春夏より、相澤陽介氏を迎え、新たなステージの幕を開けたハンティング・ワールド。ブランドのアイコンとも言える「バチュー・クロス」のバッグやアクセサリーから、新たなディレクションのもと、2018春夏コレクションをローンチする。クリエイティブチームにディレクターとして加わった相澤陽介氏は、都会的で洗練されたアウトドアライフスタイルを発表している。アウトドアギアとファッションスポーツウエアを絶妙に調和させる自身のブランド、「ホワイトマウンテニアリング」のデザイナーとして活躍。 彼のディレクションによって、世界中のテキスタイルを駆使し、クラシックとテクニカルを融合させながら生まれるイタリアメイドのコレクションは、これまでのハンティング・ワールドの顧客の他に、新鮮さを求める新たなファンとを同時に共鳴させるでしょう。長きに渡り、卓越したものづくりと素材使いを追求してきた ハンティング・ワールドが、この新しいコレクションによって、本物と洗練をベースに、品質、機能的な素材、そしてデザインをさらに牽引していきます。また、6月末までは、このショー映像が特別サイトにて公開される。ハンティング・ワールド初となるランウェイショーを会場の雰囲気とともに体感して。

Hunting_World_02 Hunting_World_03 Hunting_World_04 Hunting_World_05

■HUNTING WORLD

特設サイト https://huntingworld-2018ss.com/ (2017年6月30まで)

http://www.huntingworld.com/japanese/