ニューヨークを拠点とする大山エンリコイサムの個展「Windowsill」が6月29日からLUMINE 0で開催

Enrico Isamu Oyama

Photo by WOWE

ニューヨークを拠点とし、現代美術とグラフィティ文化を横断する、今注目のアーティスト大山エンリコイサムが来日、個展『Windowsill』を6月29日から7月4日までLUMINE 0にて開催する。大山エンリコイサムは、グラフィティ文化の視覚言語を翻案したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」をベースに、壁画やペインティングなどを制作しているアーティスト。「COMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)」や「シュウ ウエムラ」とのコラボレーション、著書「アゲインスト・リテラシー─グラフィティ文化論(LIXIL 出版)」など、幅広く活動している。今回の個展では大型作品が中心で、木枠にストレッチせずキャンバスを壁にピン留めして制作されたクイック・ターン・ストラクチャーのモチーフを主要としながら、1970年代から1980年代にニューヨークで流行したインクが滴り落ちるような描き方「ドリップ」などの手法を用いていることから、作品によっては底部に帯状の黒い面が見られる。また、会期中の7月1日には「シュウ ウエムラ」インターナショナル アーティスティックディレクターのウチイデ(uchiide)を、2日には弁護士でアートコレクターの小松隼也をゲストに迎え、「アート」「グローバル」「NYと日本」等をテーマに、トークショーも開催。よりアートを身近に、LUMINE 0で開催される大山エンリコイサムの個展『Windowsill』に足を運んでみて。

Enrico_02

Enrico Isamu Ōyama, FFIGURATI #20 / Acrylic-based aerosol, acrylic-based marker, graphite, pencil and sumi ink on unstretched canvas / (H)3.37m x (W)2.45m / 2012 © Enrico Isamu Ōyama / Photo © Yojiro Imasaka / Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

Enrico_03

Enrico Isamu Ōyama, FFIGURATI #87, 2014 / Isetan, Shinjuku, Tokyo, Japan © Enrico Isamu Ōyama / Courtesy of Takuro Someya Contemporary Art

 

■大山エンリコイサム 個展「Windowsill」

2017年6月29日(木)〜7月4日(火) 11:00〜19:00 / 入場料 無料

スペシャルイベント【トークショー】
7月1日(土) 14:00~15:00 ゲスト:uchiide(シュウ ウエムラ インターナショナル アーティスティック ディレクター) / 7月2日(日) 14:00~15:00 ゲスト:小松 隼也(弁護士/アートコレクター)

会場:LUMINE 0 / 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24番55号 NEWoMan 5F

http://www.lumine.ne.jp/luminezero/event/