「Vivienne Westwood」が大阪・東京にて"Ethical Fashion Africa Project 2017S/S"ポップアップイベントを開催 アフリカ現地の独立事業団体Artisan.Fashionとの長年の取り組みを紹介

Vivienne Westwood_retoys_1

「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」が大阪・東京で”Ethical Fashion Africa Project 2017S/S”ポップアップイベントを開催する。アフリカ現地の独立事業団体Artisan.Fashionが生産したハンドメイドのアクセサリーコレクションが展示されるとともに、彼らとの長年の取り組みも紹介。貧困地域で社会の隅に追いやられた何千人もの小規模生産者は、毎シーズン、Vivienne Westwoodのアフリカバッグコレクションを生産することで生活が支援される。このポップアップでは、17S/S Artisan.Fashionバッグに加え、貴重なアーカイブコレクションを展示。バッグはキャンバス生地や沿道バナー広告、レザーの切れはし、キベラ(ナイロビ最大のスラム)の黄銅鋳物をリサイクルして作られている。さらに、アフリカの職人が縫製、裁断、装飾、鋳造し、Vivienne Westwoodのバッグを作る姿を収めた写真から、この特別なコレクション制作における様々な技術を垣間見ることができる。Artisan.Fashionは、世界で最も貧窮した地域において非公式の生産者や職人が収入を得る機会を提供し、彼らが国際的な価値連鎖に加われるよう尽力。援助に依存するのではなく持続的なビジネスを成長させることが、これらの貧困地域に安定をもたらします。チャリティとしてではなく、”仕事”を。また、Vivienne WestwoodのEthical Fashion Africa Projectのシリーズ第一弾が4月12日より阪急うめだ本店にて行われ、環境に配慮し自然との共生をフィロソフィーとするデザイナーやクリエイターによるファッションを提案する”Nature in the City”プロジェクトを推進。ファッションを通じて環境や社会に強いメッセージを訴え続けるヴィヴィアン・ウエストウッドが、旗艦店である東京・青山店に先駆けこのポップアップをオープンする。Vivienne Westwoodとアフリカ現地の独立事業団体Artisan.Fashionが長年取り組んできたEthical Fashion Africa Projectをチェックしてみて。

Vivienne Westwood_retoys_2celine ss17Vivienne Westwood_retoys_4Vivienne Westwood_retoys_5Vivienne Westwood_retoys_6Vivienne Westwood_retoys_7Vivienne Westwood_retoys_8Vivienne Westwood_retoys_9

©Chloe Mukai-International Trade Centre

 

Vivienne Westwood「Ethical Fashion Africa Project 2017S/S」POP UP イベント

2017年4月12日(水)~18(火) 開催

阪急うめだ本店 3F コトコトステージ 31(大阪府大阪市北区角田町8-7 / TEL 06-6361-1381 代表)

5月4日(木)~17(水)

ヴィヴィアン・ウエストウッド青山(渋谷区神宮前5-49-2 / TEL 03-5774-5939)

www.viviennewestwood.com