「pas de calais」がホリデーシーズンに向けてニューヨーク発のフレグランスキャンドル4種を発売

pas_de_calais_1_retoys

「pas de calais(パドカレ)」が、ホリデーシーズンに向けて、ニューヨーク発の4ブランドのフレグランスキャンドルを11月16日より発売する。今回販売されるのは、”Brooklyn candle studio(ブルックリンキャンドルスタジオ)”、”Joya(ジョヤ)”、”Scents of LAND(センツオブランド)”、そして”APOTHEKE(アポテケ)”。全てのキャンドルが長時間持続可能で、環境にやさしい植物素材のワックスを使用。低温でゆっくりと燃焼するため、すすがほとんど出ずに空気をきれいに保つことが出来る。人気のメイソン・ジャーに入っているBrooklyn candle studioは、コロラドトウヒやマツ、クスノキ樟脳(しょうのう)のエッセンシャルオイルをブレンド。ヴィンテージ感あるラベルには、”HANDMADE FOR PAS DE CALAIS”と書かれており、ジャーのフタを閉めれば、使いかけでも美しく、使用後には植物を入れるなど再利用ができる。スペイン後で”宝石”という意味を持つJOYAは、ブルックリンの人気フレグランスブランド。水晶のような天然ワックスと、香りにも天然エッセンシャルオイルを使用し、環境にも配慮した柔らかで自然な香りを楽しめる。Scents of LANDは、ほんの少しの贅沢をコンセプトに、厳選されたオーガニックの材料を最大限に生かしたクオリティの高いキャンドルを展開しているブランド。マンハッタンのアトリエで1つ1つハンドメイドで作られたキャンドルは、ニューヨークはもちろん世界中の著名セレクトショップで取り扱われている。ブルックリン発のハンドメイドソイキャンドルとフレグランスのブランドAPOTHEKEは、低温でゆっくり燃焼するのが特徴で、丸みを帯びた柔らかい灯りと香りを楽しむことが可能。またナチュラルさ、マスキュリンさがバランスよくブレンドされ、素朴なシダー(針葉樹)と甘いタバコの花が、温かい魅力的な香りをつくりあげいる。pas de calaisによって厳選して選び抜かれた、4つのブランドのキャンドルをチェックしてみては。

pas_de_calais_2_retoys

■pas de calais「Holiday collection candle」

2016年11月16日(水) 発売

Brooklyn candle studio:¥3,500(+tax) / Joya:¥4,500(+tax) / Scents of LAND:¥5,200(+tax) / APOTHEKE:¥4,800(+tax)

http://www.pasdecalais.jp/